柔らか、あったか。おっぱいを肴に極寒の夜を乗り切る


SAYURI

板前さんの作る本格的な名古屋料理のファンも多く、外国人の接待やおひとり様で来店する常連さんも。