蛭子能収「オッパイもお尻もデカければデカいほど良い」

蛭子能収のシロウト娘観察日記


蛭子能収_コンプレックス 最近MCをしている番組で、共演者の若い女のコにモテていると評判の蛭子能収が語る連載コラムのお時間です。第6回目となりました。

蛭子:オレは奥さん一筋だから浮気はしないけど、悪い気はしないですね。どうも、漫画家の蛭子能収です。

――そんなこと言って、本当は狙ってる子がいるんじゃないですか?

蛭子:いやいや、それはない。「好きだ」って言ってくれるコにしても、本気じゃないと思いますよ。絶対にウケを狙ってるんだよ。

――蛭子さんが勘違いしてなくて良かったです。68歳で熟年離婚とか悲惨ですからね。それでは、今回のテーマ発表に参りましょうか。

蛭子:はい、今回は“コンプレックス”がテーマです。

――若い素人娘のコンプレックスというと、やっぱり外見に関することが多そうですね。

蛭子:そうなんですよ。「色黒」だとか「太りやすい体質」だって悩んでるコがいたなあ。オレにしてみたら、そんなくだらないことがコンプレックスなんだって感じですね。でも、一番多かったコンプレックスは何だかわかりますか?

――いきなりクイズ形式ですか。う~ん、女のコが悩むとしたら胸のサイズとか?

蛭子:正解! オッパイが小さくて悩んでいるコが多かった。特に「Aカップしかない」っていう貧乳のコは痛々しかったですね。これには同情しました。

――蛭子さんはオッパイがすべてですもんね。

蛭子:そう、オッパイもお尻もデカければデカいほど良いんですよ。だから、貧乳で悩んでいるんだったら豊胸手術も悪くないと思います。それでコンプレックスがなくなるなら良いじゃないですか。

――また、そんな極論めいたことを……。ちなみに、蛭子さんの理想のオッパイの持ち主は誰ですか?

蛭子:最近では橋本マナミさんですね。ロケで混浴させてもらったんですけど、あのオッパイは最高でした。

――愛人にしたい女性ナンバーワンですしね。

蛭子:だから、何度も言うけどオレは奥さん一筋なんですよ。

――ちなみに、コンプレックスの塊のような蛭子さんが、一番コンプレックスに感じていることは何ですか?

蛭子:ちょっと、それは失礼だなあ。まあ、否定はできないけど……。う~ん、オレは頭が良くないことかな。クイズ番組なんかで、ちゃんと答えられないのはコンプレックスですね。恥ずかしいから、そういう番組には出たくありません。

――なるほど。たしかにある程度の年齢になったら、恥はかきたくないでしょうね。

蛭子:オレの場合、これから勉強してもそんなに変わらないと思います。でも、貧乳だったら豊胸手術という手もあるし……。

――貧乳好きな男性も、けっこういますからね。

蛭子:いや、オレはオッパイの大きいコのほうが好きですけどね。

 今回、蛭子さんの話した素人娘のエピソードは、web番組『シロウト女子のえびす裁判!』でご覧いただけます。68歳にして初めて蛭子さんがMCを務めた番組なので、ぜひチェックして笑ってあげてください。

<蛭子能収プロフィール>
1947年10月21日、長崎県生まれ。高校卒業後に上京し、看板屋・ちり紙交換・ダスキンのセールスマンなどの職を経て、1973年に漫画家デビュー。俳優やタレントとしても活躍中。

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中