今のソシャゲ業界はズルした者勝ち!? 救済措置の“9万円天井”にギャンブル業界も唖然

 炎上や返金騒動を繰り返すソーシャルゲーム業界。なぜ彼らは過ちを繰り返すのだろうか……。年末年始の『グランブルーファンタジー』の騒動を通して見えてきた、ソーシャルゲーム業界の病巣に迫る。

◆救済措置の天井機能にギャンブル業界も唖然

 今回のグラブル騒動を、当事者以上に熱く見つめているのが、ギャンブル業界の人々だ。日本では数少ないカジノの専門研究者である木曽崇氏はこう指摘する。

「批判を受けた『グラブル』運営側は、300回ガチャを回したユーザーに、好きなキャラを1枚選ぶ権利を与えるという新ルールを作りました。つまり、当たりを引くまでガチャを際限なく回し続ける必要はなくなり、9万円を出せばそこが“天井”になるわけです」

グランブルーファンタジー

炎上の結果“天井機能”を搭載したグランブルーファンタジー。だが、それにより自ら進んで景品表示法の土俵にあがることになるとは……

 この「9万円天井」をめぐっては、パチスロファンの間で爆裂機として名を馳せた『ミリオンゴッド』シリーズが引き合いに出される。勝ち負けのハッキリした機種ゆえ、大ハマリを回避する“優しい機能”として、1500ゲーム(約5万円)を消化したところで強制的に大当たりが発生する。

 つまり、グラブルのガチャの天井は、ミリオンゴッドより高い。そして前者の天井でもらえるのは好きなキャラ1枚。後者は約2万円以上のリターンが期待できる。グラブルの天井が適切なものなのか疑問が残るのだが、それ以上にこの天井機能がガチャを新たな土俵に引き上げることとなったのだ。

「この天井によって、景品表示法上の問題が新たに発生しました。300回のガチャを買った人へオマケとして渡すわけですから、景表法では取引価額の2割以下でなければいけません。9万円の2割で1万8000円。9万円も使って1万8000円のものを購入していることになるわけです。天井という機能を設けたことが、どんな影響を及ぼすかをちゃんと精査していなかったのでしょう」

次ページパチンコ・パチスロとソシャゲの共通項

パチンコが本当になくなる日

2015年に激しく揺れ動いたパチンコ業界。その病巣に鋭く斬り込む!

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中