30代キャンプ好きおっさんの野外マウンティング。使うグッズで見える自己顕示欲が“痛い”

「男の趣味」といえばキャンプ。テント設営などで重労働したあと、大自然の開放感に浸りながらビールをグビグビとやれば、何よりのリフレッシュになることだろう。

 その“非日常感”が忘れられず、どっぷりとハマっていく中年男性が少なくない。特に、会社で上司と後輩の板ばさみ状態になる30代サラリーマンにその傾向は顕著だ。稼ぎがそこそこよくなったこともあり、使い勝手の良い道具、機能性に優れたファッションなど、様々なこだわりが生まれ、その道を極めることに邁進。

 休日も一人で山に出かけては、自然との一体化につとめている。そんな男たちが、もしワイワイしたいキャンプ初心者と行くとどうなるのか。想像に難くないが、やはり様々な「マウンティング」が存在するよう。そんな体験談を都内男性会社員に聞いてみた。

道具編~「コールマンは初心者」


コールマン 初心者向けリビングセット(http://www.amazon.co.jp/dp/B00P8SI0ZG)より

 キャンプをするにはまず道具が必要。そこには本格的な登山ブランドから、カラフルでデザイン性を重視したものまで幅広くあるが、キャンプにこだわるおっさんたちは並々ならぬこだわりを見せる。

「自分はキャンプ道具を持っていなかったので、とりあえず最初は椅子だけでも買おうと思い、近くのホームセンターで”コールマン”のものを買ったんです。そしてキャンプ当日、おろしたてということでワクワクしながら取り出したら、5年ほどキャンプにハマっている同僚がニヤつきながら『今は”ヘリノックス”がコンパクトに収納できるしデザイン的にもオススメ。コールマンは初心者が買うブランドだよ』と言ってきたんです。それからこいつのFacebook投稿は非表示に変えました」(33歳・男・IT)

「僕はそこまでキャンプをしないので、道具はなるべく安く済むに越したことはないと思うタイプ。特にクーラーボックスは、ドン・キホーテで買った2000円ぐらいのノーブランドのものなんですが、キャンプにハマっている上司が持ってきたのが“YETI”というブランド。何でも『グリズリーに襲われても蓋が開かない代物』らしく、お値段が約4万円。上司はカナダでもキャンプするんですかね…」(32歳・男・サービス)

次ページ料理編~煮干しから味噌汁作り

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中