“ファッション感覚”で起業する20代の特徴――知識と経験がなさすぎ、他社をパクる、「独立した」って言いたいだけ…

 度重なる大手企業の不祥事や、IT系ベンチャー企業の急成長。そんな状況が続くなか、近年では起業の選択を取る20代の若者も少なくない。

 都内の有名IT企業に勤務するサラリーマンの話によれば、ここ3年で新卒入社からわずか3年足らずで独立する20代社員が目立っているというのだ。

 むろん、欧米各国に比べて若者のチャレンジ精神が少ないと度々批判されてきた日本。若者のこうした動きは歓迎すべきことと言えるだろう。

勢いだけのショボい独立!「ファッション起業」とは


 だが、その内実を聞けば、彼らの独立には首をかしげざるを得ない点も多く含まれるという。IT企業に勤めるビジネスパーソンの話によると、彼らの中には、まるでファッションのごとく起業をしている者が少なくないというのだ。

 いったい、なぜ彼らの起業は「ファッション」なのか。

 キャリアの多様化が進む昨今、若者の独立に何が起きているのか。現役の大手IT企業に勤める中堅社員たちの声を紹介しよう。

ファッション起業問題その1:前社リソースを使ってるだけ


「うちはスマホゲーム事業がドル箱なのですが、その部署にいた25歳の新卒クンが独立して小さなスマホゲーム会社を立ち上げました。イラストレーターはうちの会社と同じところに発注してるし、エンジニアも同じ。それでリリースされた中身を見てみると、ウチのゲームを100倍希釈したようなつまらなさ。もっと土台をつくってから独立すべきだと誰か言ってやれよと思いました」(34歳・男性・大手IT会社勤務)

「私の会社はスマホアプリをつくる会社。先々月独立した24歳の部下は、同じようなアプリ会社を立ち上げました。書籍やサイトのコンテンツをもとにしたアプリを作っているのですが、とにかくプロダクトありきでコンテンツがしょぼい。

理由ははっきりしていて、彼はシステムやUIの知識がゼロに近い営業くんだったから。『独立したい気持ちはわかるけど、まだ早いかもしれない』という先輩たちのアドバイスを無視した結果なので、救うつもりはありません」(31歳・男性・大手スマホアプリ会社勤務)

次ページFacebookで独立したことを言いたいだけ

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中