エロく、正しく、美しく! 恵比寿★マスカッツの“甘い囁き”にファン熱狂【ツアーファイナル公演レポート】

 恵比寿★マスカッツがお盆直前の8月12日、6月初旬より始まった全国ツアー『全国暴走ツアー2016~タイホしちゃって♥~』のファイナル公演を東京・恵比寿LIQUIDROOMで開催した。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1180158

恵比寿★マスカッツ 恵比寿マスカッツ。2008年に結成され、いまに続くアイドル戦国時代の幕開けともいえる2010年にはメジャーデビューシングル『バナナ・マンゴー・ハイスクール』をリリース、オリコン初登場8位という快挙を成し遂げる。そして日比谷野外音楽堂、中野サンプラザ、渋谷公会堂といった大ホールでのワンマンライブを見事に成功させるなど、2013年の解散までに様々な伝説を築き上げたセクシーアイドルグループ。そんな「マスカッツ」が昨年再始動。セクシー女優やグラビアアイドル、モデル、一般女性など、応募総数約5,000人の中から選ばれた精鋭たちにより結成された「第2世代・恵比寿★マスカッツ」が今回の主役だ。

 これまでのツアーは会場ごとの選抜メンバーで行われていたが、ツアーファイナルということもあり、29名とほぼフルメンバーが集結。決して狭くはないLIQUIDROOMのステージがどのアイドルにも負けないような美女たちで埋め尽くされている様は、圧巻としか言いようがない。

恵比寿★マスカッツ ものまねタレント・山本高広と福田彩乃のMCに導かれて幕の開いたライブのオープニングを飾ったのは、今年5月にリリースされた2ndシングルからの3曲、「バイバイダーリン」「Sexy Beach Honeymoon」「ビビる-Bodyで-Boo」。ダンサブルなサウンドで、キャパシティ限界の1,000人の観客で満ちたフロアのテンションを上げた。

恵比寿★マスカッツ 初代より楽曲の良さには定評のあったマスカッツだが、新生マスカッツでも変わらず高いクオリティのサウンドが用意されている。アイドルポップスらしいキャッチーなメロディを、ベースミュージックやディスコで洒脱にミックスしてみせるセンスは、シーンの中でも特異だ。それもそのはず、アレンジャーには、R&Bやハウス、ファンクといった音楽をJ-POPのフィールドに積極的に持ち込んできたベテラン、Face 2 fAKE(SMAP、EXILE等)や松井寛(MISIA、東京女子流等)らが起用されている。マスカッツというプロジェクトは単なる企画ものではない。音楽面からして“本気”なのだ。

恵比寿★マスカッツ もちろん、音楽のみならず、冠番組「マスカットナイト」で鍛えた笑いの面でもこの日はフルスロットルだった。中盤に入り、ソロやユニットのパートへ。小島みなみ・天使もえ・桃乃木かなという美少女トリオによるコント「甘えん坊ブギウギバンド」では、「いれる?」(何をだろう)や「生でいいよ」(何がだろう)といった台詞が甘く囁かれる度に、フロアが歓声で揺れた。そう、マスカッツのモットーは「エロく、正しく、美しく」である。

 葵つかさは、ささきいさお「宇宙戦艦ヤマト」が流れる中、美術スタッフが1日で仕上げたというヤマトのハリボテに乗ってステージをぐるぐる回り続けるというシュールな一幕を見せる。続くスーブーは、二人のダンサーを従え、切れ味鋭い圧巻のヒップホップダンスを披露……したかと思いきや、唐突にステージに届けられた小籠包をほお張りはじめ、熱さでむせながら再び踊るというシュールなステージで喝采をものにしてみせた。

恵比寿★マスカッツ 終盤には、これまでの横浜・大阪公演にもゲストで登場していたお笑い芸人・オラキオが登場。メンバーの夏目花実に愛の告白をするもののあっさり撃沈、懲りずに湊莉久に鞍替えするもまたもフラれ、三度目の正直とばかりに田森美咲に「恋愛はテラスハウスじゃなくても出来ます!」(田森は「テラスハウス」の現役キャストでもある)と告白すると、彼女はあっさりこれを受け入れ、会場を拍手と爆笑が包んだ。

 そのまま本編ラストとなる「Sexy Beach Honeymoon」が始まり、ボルテージの上がったフロアはオープニングの時をはるかに超える熱量でステージにコールを送った。

恵比寿★マスカッツ 挨拶を終えたメンバーがはけると、すぐにアンコールが発生し、しばしの後アンコールに突入。ここで番組のMCを務めるオアシズ・大久保佳代子が登場し、メンバーへのサプライズ企画として「恵比寿★マスカッツ2016年間MVP発表」が告知されると、メンバーからは驚きの声が上がる。MVPの前には、「技能賞」が小島みなみに、「敢闘賞」が田森美咲と三田羽衣の二人に、トロフィーとともに授与され、三者とも涙ながらのコメントで感謝を述べた。

 そして、栄えある年間MVPとして、大久保から「川上奈々美!」と名前が呼び上げられると、この日一番の歓声が巻き起こる。リーダー・明日花キララの右腕としてグループをまとめ上げ、スタッフとのコミュニケーションなど負担の多い役割を、弱音も吐かず務め上げたことが選考理由だったと告げられた川上は、「最初は副キャップって言われてもなにやるかわからなかったし、すっごい大変だった。でも、改めて副キャップに選ばれて嬉しかった。もっと素敵な景色をファンの皆さんにお見せできるようにメンバーみんなで頑張るので、これからも応援宜しくお願いします!」と、ファンに力強く想いを語った。

恵比寿★マスカッツ 最後を締めくくったのは、出演者全員がステージに上がっての「Sexy Beach Honeymoon」。ファンとメンバーが一体になった、ツアーファイナルにふさわしいピースフルな雰囲気がそこにあった。 <取材・文/日刊SPA! 取材班>

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1180169

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中