都内に住む30代「引きこもりOL」の休日。趣味ナシ、金ナシ、恋人ナシの地味すぎるプライベート

「東京在住OLの休日」と聞いて、どのようなイメージを抱くだろうか。海へ行き友人とビーチで自撮り、または流行りのレストランをタグ付けしてインスタ投稿…いわゆる“リア充”と呼ばれる華やかな生活を想像するかもしれない。

 だが、最近ではこうした生活とは対照的に、休日はひたすら地味なプライベートを送る「引きこもりOL」も一定多数、存在している。

「男女雇用機会均等」が叫ばれて久しいが、今や女性がハードな残業をすることは決して珍しいことではない。その反動からか、そうしたOLたちは、土日祝日はひたすら溜まっていたドラマを見るか、スマホいじりにいそしむという、消費カロリーの少ない地味な生活を続けているケースが少なくないのだ。

 彼女たちは1~2ヶ月に1度合コンに出ることもあるが、そこで見当違いなリア充の話題を振られても反応は悪いのは明らか。本記事では、メディアではあまり顕在化されない30代引きこもりOLたちのリアルな生活実態を紹介しよう。

パターン1:趣味ナシ


「大学卒業後、しばらくは地元で働いていたのでこっちには友だちもいないし、普段は営業だから外出も多く精神肉体ともに疲れているので、休日外出する機会といえば友人が飲みに誘ってきたときだけ。それに趣味と言える趣味がないから、お金をかけているといえばインテリア。北欧モダンで統一したりとか、観葉植物を配置して、まったりと心を落ち着かせている」(37歳・営業・台東区蔵前在住)

「ウチの会社はいわゆるキラキラ社員が多く、休日はインスタにSUPやヨガなど、それ相応の過ごし方を投稿するのが暗黙の了解になっている。私はそんな流れに嫌気がさして、同期の中では早々と離脱しました。休日はひたすらドラマを見て、『この役あってないわ』『菅田将暉カッコいい』といった短文感想ツイートを連投しています。なんせ服も気を使わないし、化粧もする必要がないから本当に気楽。海外ドラマの話ができる男性だと飲みでは盛り上がるかも」(30歳・Webメディア編集・渋谷区幡ヶ谷在住)

次ページパターン2:金ナシ

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中