[一戸建て⇒マンション購入]にシフトする浦安市民

◆ポスト震災[首都圏不動産選び]の新常識(1)

武蔵野地域が人気UP、戸建ては人気DOWN。
パラダイムの大転換を把握しなきゃ大損確実!


東日本大震災で「一生の買い物」へ考え方が変わった。阪神大震災で浮き彫りになった建物自体の耐震性に加え、首都圏に被害をもたらした液状化現象や放射能問題で「土地の安全性」が重視され、価格にも大きな影響を及ぼしている!


【CASE1】千葉県浦安市


 ミル貝の如く飛び出たマンホール。道路から噴き出た大量の砂や泥。東京からもっとも近い被災地、浦安の惨状は多くのメディアによって報じられてきた。液状化した街のその後はどうなっているのだろうか。

 京葉線新浦安駅南口を出て、取材班はもっとも激しい液状化被害に見舞われたと言われる今川地区へ向かった。同地の相場は1坪150万円。まさに浦安市が誇る高級住宅街だったのだが……。

 境川に架かる橋を渡ると、果たして景色は一変。明らかにパースがおかしいのである。電柱、家屋、塀など、ことごとく微妙に傾いている。家の軒先には、液状化により噴き出た砂を回収した際の土嚢が高く積み上げられ、単身者向けの賃貸アパートの集合ポストには、ガムテープの封が目立つ。人影はまばらで、目につくのは工事関係者ばかりだ。ポストの新聞を取りに家から出てきた60代の男性に話が聞けた。

「傾きが気になり毎日眠れないよ。水平に戻すためのジャッキアップ工事に800万円かかるが、全壊でも半壊でもないから地震保険が下りないのは本当につらい。新町のほうの高層マンションは基礎工事をしっかりやっているから被害がほとんどないらしくて。それもなんだか割り切れませんよ」

 「新町」とは、75~81年までに造成された第二期埋め立て地だ。今川地区などを擁する「中町」は62~75年にかけての第一期埋め立て地である。つまり、古くて地盤が締まっているはずの中町のほうが、新町よりも液状化被害が大きいのである。彼はそんな不満をぶちまけ、寂しそうに傾いた家へと戻っていった。

中町から新町の象徴、タワーマンションを望む。中町は有名人も住む高級住宅街だったが、現在は新町にその座を奪われているという


 さらに住宅街を奥へ進むと、他を圧倒する150坪の豪邸の玄関にランニング姿の70代男性の姿が見えた。これだけのお屋敷ともなれば、修繕費用も資産価値の目減り幅も相当なはず。だが、当の本人にはあまり悲壮感がなかった。

「昔、不動産鑑定士をやっていた経験から言うと、浦安の土地は半値くらいでしょう。実際『半値で買いますよ』というブローカーがこの辺をたびたび訪れている。でもそれも今だけのこと。なんたって東京駅まで17分だし、東西線もディズニーランドもある。坪30万円で液状化対策さえやれば、浦安の価値は必ず元に戻りますよ」

壊れて空いた一戸建ては売買が成立しないにもかかわらず、「買いたい」と言ってくる客もいるとか

 こうした被災民の声に対し、地元不動産業者の見解はどうなのだろうか。新浦安駅前のロイヤルハウジング社に見通しを聞いた。

「一戸建てについては売買自体が成立せず、相場ができていない状態です。一方、マンション相場は1割程度の落ち込みで、浦安の賃貸住宅に住んでいた方や、一戸建てで被災した方が、市内のマンション購入に動くケースが増えています。もともと新町は外資系や一流企業の転勤族ファミリーが集まる千葉で一番のハイソなエリア。各ブロックには幼稚園と小中学校が必ずあり、子育てにはベストの環境です。今のイメージダウンは一時的な現象でしょう」


浦安の良さをよく知る市民は、一戸建てを捨て、マンション購入を虎視眈々と狙っている。

新町のタワーマンションは地震の影響はなし。それゆえ、浦安住民の熱視線を浴びている



(クリックで拡大)
対象範囲は1都3県。3月11日の東日本大震災とその余震の被害を基に、各種報道や周辺情報を参照し、編集部が作成。該当自治体の一部の被害を含む。軽微な被害は除外している場合もある




取材・文・撮影/野中ツトム(清談社) 高木瑞穂 遠藤るりこ(ビッグアップルインターナショナル) 遠藤修哉・八木康晴(本誌)

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中