野球賭博、清原逮捕…巨人軍をむしばむ“闇”の正体

 スクープにかけては、他の追随を許さない『週刊文春』。なかでも読売巨人軍のスキャンダルは独り勝ち状態だ。

 反社会的勢力に1億円支払った原前監督に、清原和博の覚醒剤事件。そしていまもなおくすぶり続ける野球賭博問題。

 これらの取材にあたってきた週刊文春の記者・西崎伸彦が、改めてその存在を世に問う一冊『巨人軍「闇」の深層』(文春新書)を上梓した。

野球賭博、清原逮捕…点と点を結ぶ「線」


 ただ、収録されたネタに目新しいものはなく、リアルタイムで記事を読んでいれば、“おさらい”以上の意味は見い出せないかもしれない。だが一見別々の出来事のように思える事件にも、点と点をつなげる線が見え隠れしている。

 断定こそしないが、至る所に配置された小さな情報にメッセージがあるのは間違いない。

 たとえば、野球賭博で処分を受けた高木京介が会見で話した「NPB(日本野球機構)にも警察の偉い人にも通じている」人物は、覚醒剤事件で逮捕された清原和博が“昇り龍の刺青”を披露した韓国ソウルでの宴席にもいたという。

 さらに笠原将生元投手とともに逮捕された斉藤聡が経営する飲食店のオーナーは、関西に拠点を置く広告関連会社であり、その大株主が読売テレビ放送であった事実なども興味深い。

 そして原前監督から1億円をゆすり取ったHなる人物も、巨人軍元コーチの宮田征典(故人)を広告塔に起用し、野球賭博サイトを運営していたのだという。

DX Broadrec(CC BY-SA 3.0)

 いずれもただの偶然である可能性も否定できないが、ともかくジャイアンツが異常な環境下で野球をしていたとだけは言えそうだ。

次ページ読売”コンプライアンス軍団”の誤算

巨人軍「闇」の深層

野球賭博、清原シャブ逮捕、原監督1億円恐喝事件……週刊文春スクープ記者、執念の一撃!


わが人生記

希有の新聞人のはじめての自記自伝

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中