「今年の鈴鹿では結果を残せるレースをする」ホンダF1長谷川祐介総責任者が週末の日本GPに向けて決意表明

 祝!大隅良典・東京工業大学栄誉教授ノーベル賞受賞!! しかし、ここで疑問に思った人もいるだろう。栄誉教授って何? 名誉教授の間違いでは? そう思って調べてみたら、実は東工大にはこういう肩書きがあった。名誉教授が引退した教授に与えられる功労賞的称号に対して、栄誉教授は現役バリバリの「スーパー教授」的な肩書きだという。

長谷川祐介ホンダF1総責任者。英語では「Head of Honda Formula 1 Project」という。愛車はボディカラー白のフィット ハイブリッド

 実はホンダにも変わった肩書きがある。長谷川祐介F1プロジェクト総責任者だ。試しにGoogle先生に聞いてみると、総責任者107万件のうち、実に8割の84万2000件がホンダF1関連でヒット。実務的に総責任者の職務に当たる人は日本中に数えきれないほどいるだろうが、名刺に総責任者という職名が印刷され、対外的かつ公式に総責任者を名乗るのは、日本には長谷川氏たった1人かもしれない。プロジェクトリーダーなんかよりも総責任者のほうが、より責任の重さがヒシヒシと伝わってくるし、ホンダのF1活動に対するコミットメントの現れだと思う。

◆F1第17戦日本GPが目前に迫っている!

 昨年、マクラーレン(イギリスの超名門チーム)にパワーユニット(エンジン+2種のエネルギー回生システム)を供給する形でF1に復帰したホンダ。フェルナンド・アロンソ(スペイン/2005年・2006年チャンピオン)、ジェンソン・バトン(イギリス/2009年チャンピオン)という2人のチャンピオンドライバーを擁しながら、クルマもパワーユニットもダメダメで、チーム(コンストラクターズ)ランキングは10チーム中9位(27点)。別次元だった弱小チームのマノーを除けば、実質最下位。とことん一敗地にまみれてしまった。

 雪辱を期す今シーズンを前にホンダは、総責任者に長谷川氏が就任。マクラーレン・ホンダの逆襲が始まった。昨年はついに1度も予選Q3(10番手以内)に進めなかったが、今年はすでにアロンソは6回、バトンは4回進出。決勝レースでの入賞(10位以内)は、アロンソ6回(最高位5位)、バトンも6回(最高位6位)。前戦マレーシアGP終了時点でのチームランキングは11チーム中6位。獲得ポイントは62点で、昨年の27点を大きく上回る。

⇒【画像】はコチラ(9月下旬に初公開された今季型パワーユニットHonda RA616H)http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1212374

9月下旬に初公開された今季型パワーユニットHonda RA616H。下部でとぐろを巻いているのがエキゾーストマニフォールド(排気管)。レアでお高い物質のオンパレード超合金インコネル製で、1基分左右セットで300万円!はするという。しかも毎戦交換! 恐るべし、F1!

 独走メルセデスAMG、2番手躍進レッドブル、落ち目フェラーリのトップ3には、まだまだ大きく置いていかれているが、フォースインディア、ウイリアムズと4番目チームのポジションをガチンコで争うところまで着実に進化を遂げている。前戦マレーシアGPでは、アロンソが最後尾22番手スタート(パワーユニット交換によるペナルティ)から7位、バトンが9位でフィニッシュ。今シーズン3度目のダブル入賞を果たし、力強い走りを見せてくれた。

次ページ長谷川総責任者の決意表明

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中