松井珠理奈「10周年までに日本一のアイドルになるぞ!」 SKE48の8周年記念イベントに密着

 10月5日、SKE48が劇場デビュー8周年を迎え、特別公演が行われた。特別公演では、各チームのパフォーマンス、8周年にちなんだ「ハレーション」「寡黙な月」といったセレクション8の楽曲を披露するなど8周年ならではのセットリストで盛り上げた。

 特別公演の最後には1期生の松井珠理奈が「10周年までに日本一のアイドルになるぞ」と宣言。9年目のスタートに気を引き締めた。

⇒【写真】はコチラhttp://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1215272

 また、前日の4日には恒例となった前夜祭も開催。8周年前夜祭トークショーでは、かつて「SKE48のエビフライデーナイト」「SKE48 エビショー」「SKE48 エビカルチョ」で共演した大久保佳代子が登場。かつて共演したメンバーや新たに加入した7期生、ドラフト2期生などともトークを展開。そんななか、「お疲れさまです」が口癖だという相川暖花に、どんな問いかけにも「お疲れさまです」で返す掛け合いを指南。これを受けて相川も壇上でうまい掛け合いを成立させフレッシュチームのトークMVPに輝くなどインパクトを残した。また大久保は9周年、10周年でものコラボも明言し来年への期待を持たせてくれた。

 4日深夜には昨年好評を博した「ミッドナイト公演」(24時08分開演)が開催され、20歳以上のメンバーたちによるセクシーなパフォーマンスを披露。「誘惑のガーター」「Virgin love」「ジッパー」などSKE48以外の楽曲も交えながら昨年を上回る盛り上がりをみせていた。

 そして、前夜祭といえば6周年からサンシャインサカエ内で行われるようになった劇場以外での催し物がファンからも好評だ。

 例年ゴルフレッスンを行っていたゴルフバー・GOLUXE(ゴルックス)では、いろんなメンバーが駆けつける方式に変更。ワンコインチャレンジでドラコンやパットチャレンジなど多くの人が挑戦できる仕組みに変更し賑わいをみせた。

 そのほか、恒例となったコスプレメンバーたちによるドリンク販売も活況。TSUTAYA内特設ステージのトークイベントでは東海ラジオ、ぎふチャン、CBCラジオといったレギュラー番組を持つラジオ局とのコラボトークイベントも開催するなど、例年よりもさらに趣向を凝らした形で前夜祭を盛り上げた。

⇒【写真】はコチラhttp://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1215297

 特に今年のイベントで印象深かったのはSKE48 CAFE&SHOP with AKB48で8周年記念イベントのある種オープニングとして行われた「真那会」だった。

 この「真那会」は1期生の大矢真那を幸せにするという接待イベントだというのだ。その割には画伯と呼び声高い大矢にお題に即した絵を描かせお客さんが当てるというゲームを始める。すると「ジバニャン」というお題で異変が。斉藤真木子が「あー無理」とその出来を表すれば「キモすぎて鳥肌立ってきた」と松村香織も続く。年末に紅白にも出ていたなどのヒントで見事正解者は出たものの、なんと大矢が千葉県のマスコットキャラクター「チーバ君」を描いたつもりだったということが判明。会場は驚きに包まれた。この後もカオスな絵当てゲームは続き、終盤に差し掛かると松村が「ここまでは余興です。こっからがメインイベントです」と一言。するとカフェ店員たちが歌詞カードを配り始める。大矢が好きな「となりのトトロ」のテーマ曲を合唱しようということらしい。しかも「となりのまさな」という替え歌にしての熱唱。異様な雰囲気に包まれた会場だったが、どこか多幸感にも満ちあふれていた。

 合唱終了後、もてなされた大矢は「盛り上がってくるファンの人がいてくれて本当に幸せで25年間生きてきてよかった」と過剰までの喜びをファンに伝えた。しかし、メンバーには「最後(歌いながら大矢の周りを)回るところスピード落ちてたよ」とまさかのダメ出しをし、ファンの度肝を抜いた。

⇒【写真】はコチラhttp://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1215281

 個性的なメンバーたちが見せ場を作る周年記念イベント。年々定着してきたからこそ、今後も9周年、10周年に向けて名古屋・栄の街を盛り上げていってほしい。

取材・文・撮影/ヤスオ 写真提供/AKS(一部)

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中