E-girlsのポップアイコン・Dream Ami「いつか金髪を卒業したい」

 E-girlsとして3年連続でNHK紅白歌合戦に出場し、今年はディズニー長編映画『ズートピア』の日本版主題歌を歌うディーバとして抜擢されたDream Amiが、3rdシングル『Lovefool -好きだって言って-』を10月19日にリリース。約20年前に大ヒットしたカーディガンズの名曲をカバーし、アンニュイな無表情で魅せる一面も。歌手だけでなくバラエティや映画でも活躍する彼女の今の姿に迫った。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1223702

Dream Ami――歌手を目指されるまでに、どういう音楽を聞いていましたか?

Ami:わたしは物心ついたときから、NHKの「おかあさんといっしょ」を観ながら、いつもお母さんと一緒にお家で歌ってて。そういう流れで童謡から入って、小学2年生で地元の少年少女合唱団に入りました。歌うことが当たり前の環境にいて、自然と歌手を目指すようになったので、音楽が好きでとか、どのアーティストに憧れてということもないんです。ただ、「楽しそうだな」と思ったきっかけは、小学生の当時で、モーニング娘。さんやSPEEDさんのような、女の子が歌って踊るのが流行り始めた頃に「こんな仕事ができたらいいな」と思ったのがきっかけです。歌と将来の夢が結びついたのは、小学校5年生くらいのときかもしれないです。

――E-girlsでは歌だけでなく、ダンスもされていますよね。

Ami:合唱団の発表会でも、よくミュージカルの真似をしていた。歌いながら踊りつつ。今ほどしっかり踊ったりはないんですけど、そういうのを「楽しいな」と思ってましたし、SPEEDさんの衝撃がすごくて、「これを踊れたらカッコいいな」と思っていました。ダンスが好きというよりは、歌の表現のひとつとしてダンスもあったらいいなという考えでしたね。

――3曲目のカップリング『JUMP!』では、作詞に初挑戦されていますね。

Ami:もともと「次の曲をどうしようか」という感じで、いろいろデモを集めていた段階でこの曲を聞いたときに、キャッチーなメロディーと爽快感が「いいな」と思っていて。「いつか自分の書いた歌詞を歌ってみたい」という気持ちがあったので、「じゃあ、この気に入ったメロディーのデモから練習がてら歌詞をつけてみよう」と思って、何も考えずにメロディーを聞いて感じたことを歌詞にしてみました。でも、気がついたら、背中を押すような歌詞になっていたので、自分が今伝えたいメッセージが詰まっているのかもしれません。

 周りの友達も就職して、仕事がうまくいってる人もいれば、逆に「このままでいいのかな。本当はもっと違うことがやりたいのに」と言ってる人も多くいます。自分はそういう同世代の人たちに向けて、「遅いスタートはないよ」といったことを伝えたいなと思って書きました。

Dream Ami

次ページそろそろ金髪をやめようかな、という気持ちは?

Lovefool -好きだって言って-

カーディガンズの名曲をAmiの世界観で表現

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中