【衝撃!】40代独身男のリアル

平成22年度の国勢調査から算出すると、40~44歳の独身男性で5年後に結婚できたのは僅か1.8%しかいなかったという。これってほぼゼロに近くないか? また、大手ネット専門のお見合い会社は、「弊社のサイトでは相手を探すときに検索条件を絞るのですが、『年代』の項目で『40代』からチェックを外す女性がほとんどです。40代も対象とする女性は『年収』の項目を『800万円以上』にチェックするなど、経済力を求めている方が多い」と明かしてくれた。

 なんとも世知辛い状況だが、当の女性たちは40代独身男をどう見ているのか? 肉食系作家・桜木ピロコ氏が、OL(28歳)、キャバ嬢(28歳)の本音に迫った。

◆40代独身男に抱く女たちのイメージとは?

座談会

左からキャバ嬢・28歳。岡本夏生似のスレンダー美女。キャバ嬢歴5年。特技は中年オヤジを褒めてカネを落とさせること。外国人大富豪との交際経験もある。OL・28歳。梅宮アンナ似の都会派美女。年上好き。桜木ピロコ。元カレ人数は1000人超という肉食系作家。「20代専門」だったが、最近では「イケメンだったらオヤジでもいい(!?)」とボヤく日々

ピロコ:40歳をすぎて一度も結婚してない男ってどこか問題があると思う。私の経験則だと、マザコンかバイセクシャル……ってのが持説になってるけど?

キャバ嬢:お店で積極的に口説いてくるような人の大半は昔から遊んでたようなタイプ。確かに見た目は所帯持ちの男性よりは若い。でも、40すぎて一回も結婚したことのない人との恋愛って、正直いうと、不倫男よりも抵抗があります。

OL:実は2年前、合コンで知り合った40代独身男と付き合ったことがあるんですよ。誠実そうな語り口に惹かれたんですけど、フタを開けてみたら、写メで自分撮りするのが趣味のナルシストでした。

キャバ嬢:ナルシストってわかる! 服装のセンスが昔と同じで、若い頃の写真を見せてきたりする。いまだに、キムタクを神聖化して意識してたり(笑)。すぐに「俺がどれほどの男か」って大きく見せようとしたりね。

ピロコ:目立ちたがりだよね。あと「芸能人の○○と~」って話が大好物。「昨日、友達のスタイリストと栄子(小池栄子)の三人でカラオケした」とか聞いてもないのに吹聴したり。

OL:結婚から逃げてるってだけで、妥協とか努力とか絶対しないイメージがある。オレ様意識が強いから、人の忠告に耳を貸さないし、説教が好きだし……。

キャバ嬢:なぜか、モテる自信だけはブレないんですよねぇ。

ピロコ:40代は社会人でバブルを経験した最後の世代。当時の派手に遊んだ経験とかがそのブレない自信の根拠なんじゃないかな。

キャバ嬢:その名残りか、お金をパーッと遣うことがイケてるって思いがちだけど、逆効果。そんな浪費癖のある男と、真剣交際、ましてや結婚なんて考えたくもない。ま、散々奢ってもらって言うセリフじゃないか(笑)

OL:私が年上を好きな理由は、若い男より落ち着いていて包容力があるから。それが「イェーイ、レッツ・パーティタイム」じゃ「おいおい、オッサン」って幻滅する。

ピロコ:その付き合った独身40代とのSEXはどうだったの?

OL:「僕は女のコの気持ちを考えたSEXが出来る」っていうから試してみたら、前戯も合わせて15分くらいで終わっちゃったの。ワガママな性格がベッドの上でモロに出ちゃってましたね。

キャバ嬢:気に入らないことがあると急に怒鳴る/モノにあたる/何も言わずに帰る(笑)。

ピロコ:そういう人って、実は友達もどんどん離れていくし、寂しい人だと思う。強がってても女のコにはママの気持ちになってあやして躾けてほしいんだろうね。

――40代独身男。ズバリ、結婚相手としては考えられますか?

キャバ嬢:「明日地球一周したい!」って言ったら叶えてくれるくらいの財力があれば、ですね。だって、40すぎの人と結婚したら、子供の運動会に一緒に行くのも恥ずかしいし、現実的に、介護問題とかもからんでくるんですよ。

OL:確かに、バリバリに働けるのも下手したらあと10年くらいかもしれないし。それくらいの力と財力を持っている人じゃないと結婚なんて考えられない。

ピロコ:私も快楽主義者だから人のことは言えないけど、楽しいことを追い求める人生にはそれなりの代償があるってことだよね。

と、このように風当たりは強かった……。というわけで、週刊SPA!1/31発売号では「衝撃!! 40代独身男のリアル」と題した特集を組んでいる。30代未婚の男性にはぜひ読んでもらいたい。「40代でモテる」なんてウソです(笑)。  <取材・文/桜木ピロコ>

週刊SPA!2/7号(1/31発売)

表紙の人/ザ・クロマニヨンズ(甲本ヒロト・真島昌利)

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中