フェラーリやポルシェを目指す日本男児が乗るべき車

腕を磨きたくてもMR2が消え、シルビアが消え、フェラーリやポルシェの練習に適した安価な後輪駆動のスポーツカーが今の日本にはない……。そんな悩みはこれで解決できるのか? フェラーリ&ポルシェ予備軍のためにサーキットで(久々に)ドリフトかまして吟味した!

MJブロンディ=文 Text by Shmizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆本気のフェラーリ&ポルシェ予備軍へ

文句なし。完璧です!! トヨタの86(ハチロク)の受注が、1か月で7000台を数えたという。しょせん絶滅危惧種のスポーツカー。売れ行きはすぐ減速するだろうが、それでも7000人もの“漢”がいたことに、感動せずにはいられない。エリートの証であるマニュアルミッションの比率も、6割を占めているとか。日本もまだ捨てたもんじゃない。

 経済氷河期に生まれ育ったボンクラ諸君の脳内には、スマホ程度のちっこい夢しかなかろうが、ハチロクを注文した日本男児たちには、恐らくでっかい夢がある。それは、「いつかフェラーリやポルシェを手に入れて、自在に操ってやるぜ!!」という、人類のオスとして普遍の夢だ。

 フェラーリやポルシェの運転は難しい。いや、最新のモデルは、走らせるだけなら誰でもできるが、限界域まで自在に操れるのは、たゆまぬ向上心を持って腕を磨き続けたパワーエリートのみである。

 が、パワーエリートにも悩みがある。フェラーリやポルシェの練習台に適した、安価な後輪駆動のスポーツカーが絶滅寸前だということだ。

 そんな時、トヨタとスバルがやってくれた。トヨタが発案し、スバルが開発したハチロクとBRZの兄弟車は、今や世界的にも超レアな、軽量コンパクトな後輪駆動のスポーツカー。これは、フェラーリやポルシェの練習台として、最適ではなかろうか? 我々パワーエリートの期待は高まっていた。

 で、今回サーキットにてスバルのBRZに乗らせていただきました。

【後編】の試乗リポートに続く⇒http://nikkan-spa.jp/174566

― パワーエリート待望の後輪駆動スポーツカー【1】 ―

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中