うしじまいい肉プロデュースで18禁コスに初挑戦「藤崎ルキノ」とは?

藤崎ルキノ

藤崎ルキノ、撮りおろし画像を多数放出!

 5月5日に開催された18禁コスプレイベント「コスホリック05」。その会場で、人気コスプレイヤー「うしじまいい肉」プロデュースで、初のコスプレROMを発売した新人美女レイヤーがいた。彼女の名前は、藤崎ルキノ。映画や舞台で活躍する女優だ。ROMタイトルは『るきののあぶない水着』。自身初の水着グラビアで、ほぼ紐という極小面積の水着姿を披露した。

 この2人のコラボはどうやって実現したのか? そして、藤崎ルキノとは? さらに、うしじまいい肉の今後の活動は? 18禁コスプレイベント初参戦だった筆者は、抑え切れない興奮とその疑問を、当事者の2人にぶつけてみた。

⇒【画像】 藤崎ルキノ撮りおろし&競泳水着ほか写真集より
http://nikkan-spa.jp/237234/luchino_01

◆ 藤崎ルキノとは?

 福岡県出身、1月5日生まれの女優。2009年に主演を務めた映画『kingyo』(エドモンド楊監督)がヴェネチア国際映画祭短編コンペティション部門に入選する等、多数の海外映画祭に参加している。舞台での活動も多く、昨年は7本の舞台に出演。2005年~2007年は、メイドアイドルユニット『完全メイド宣言』としても活躍。今回の写真集では、今までにみせていない過激なカットも多いが、メイド時代からのファンや、女優としての彼女のファンはどの様な反応をしているのだろうか?

藤崎ルキノ(以下、ルキノ)「そんなにビックリという反応はありませんでした。楽しんでいただけているようです。ただ、メイド時代は『風紀委員長』という肩書きでやっていたので、当時からのファンの方には『風紀委員長がこんなことに!』とツッコまれました。ネタですよね(笑)」

 写真集では、きわどい水着だけでなく、18禁アニメのキャラクターのコスプレにも挑戦している。

ルキノ「昔から職業系の制服は好きです。まだ福岡に住んでいた中学生の頃、テレビで『衣装のかわいいウェイトレスのお店』としてアンナミラーズが紹介されているのを見て『上京したら、こんなかわいい制服を着てバイトしたい』と思いました。その夢が叶ったのは、メイドになったときです。当時からアニメは好きでしたが、アニメのコスプレはプロフェッショナルの世界だと思っていて、踏み込めませんでした」

 初のアニメコスプレは苦労もあったが、仕事との共通点もあったという。

ルキノ「18禁アニメをみながら『このポーズいいなぁ』と研究しました。ただ衣装を着るだけではなく、キャラの個性をどうやって表現しようかな?と悩みましたが、『自分でないものになる』というのは芝居と近いものを感じました」

◆ うしじまいい肉プロデュースとなった経緯

 彼女のこれまでの経歴をみると、過激なコスプレでたびたび話題となっているコスプレイヤー「うしじまいい肉」プロデュースというのは、少々意外な気がする。2人はどの様に出会い、プロデュースすることになったのだろうか?

うしじまいい肉(以下、うしじま)「今年の2月に『スナックいい肉』というトークイベントにルキノさんが遊びに来てくれたのがきっかけです。たまたま彼女が出演していた舞台を見に行ったことがあったのと、ルキノさんの顔を近くで見たらものすごいかわいかったので『写真集制作とか撮影に興味ありませんか?』という感じで話しかけました」

ルキノ「ちょうど事務所をやめてフリーになったタイミングに、フリーで活動しているうしじまさんに興味を持ってイベントへ行きました。うしじまさんの第一印象は、とにかく自己プロデュース力が凄い、あととても正直な方だなぁ、という感じでした。その日は具体的な話まで決まらなかったのですが、後に『この日に撮影しましょう。衣装、スタジオ、カメラマン、ヘアメイク全てこちらで準備します』とメールが来て、完全に身一つで撮影現場へ行きました。うしじまさんの作品は見ていたので、この人なら大丈夫、変なものにはならないだろうと、安心してお任せしました。水着の面積には驚きましたが(笑)」

◆ うしじまいい肉が語る藤崎ルキノの魅力

うしじま「顔が激かわいいくて美人な所と、美人なのに貧乳なところがいいと思いました。お尻もでかくて肌も綺麗なので、Tバック競泳水着とか、超ローレグ半ケツホットパンツとか履いてほしいです!」ルキノ「元々自分の体に自信がなかったので、貧乳や大きなおしりが魅力になるなんてすごく意外でした(笑)ホットパンツは部屋着でしか着たことがないですが、今後写真集で挑戦したいです」

◆ うしじまいい肉、今後の『美女プロデュース』の予定は?

うしじま「ルキノさんのように、時々私にプロデュースをさせてくれる美人がいるので、今後も顔がかわいい女の子に対しては、写真集に興味がないか、必ず聞いていこうと思っています。今後の野望としては、グラビアアイドルやAV女優やアイドルのビジュアルプロデュースをしたいと思っています」

 具体的なプロデュース内容、仕組みについても教えてくれた。

うしじま「衣装・メイク・髪型・アクセサリー・撮影場所・カメラマン・レタッチまでの流れを一括で担当させていただき、予算と相談しつつクオリティの高い写真を提供します。 写真を雑誌や写真集などで使用したら、事前に取り決めしたプロデュース料金が発生する。という形式を取れたらいいなと考えています。もちろん個人の方からのプロデュースの依頼もお待ちしています。写真集制作や撮影会など、やりたいことがある方はぜひご相談ください」


⇒【後編】 http://nikkan-spa.jp/237234
2人が選んだ『るきののあぶない水着』ベストカット紹介

【うしじまいい肉によるプロデュースを希望される方は】
名前、年齢、プロデュースを頼みたい内容(写真集を作りたい、撮影会をやりたい、販売方法など)を明記の上、写真2枚(全身・上半身アップの2枚。人に撮影してもらったデジカメ写真、写メやプリクラなど小さい写真はNG)と合わせて ushijima1129@yahoo.co.jp まで連絡を。※スタジオ代、カメラマン代、メイク代、衣装クリーニング代、レタッチ代は実費負担(個人は応相談)。

藤崎ルキノ

藤崎ルキノ

◆ 藤崎ルキノ

【Tumblr】http://luchinon.tumblr.com/
【Twitter】https://twitter.com/#!/noyumi
【ブログ】http://ameblo.jp/luchinofujisaki/
【ニコ生】co1437396
【告知】8/11『コスホリック06』8/28~ 舞台「脳詐欺!~手軽なお化けの作り方~」

うしじまいい肉

うしじまいい肉

◆うしじまいい肉

【Tumblr】http://predatorrat.tumblr.com/
【Twitter】https://twitter.com/#!/PredatorRat
【ブログ】http://ushijima1129.blog117.fc2.com/
【Web】http://ushijima1129.com/
【告知】6/25発売『週刊ヤングマガジン』コスプレグラビア掲載。携帯ヤンマガにも画像&動画が公開(携帯専用:http://usjm.kds.jp/)QRコード⇒ http://p.twipple.jp/sQjfn

※ 両氏登場の自画撮り写真集『コス LOVE オンナノコ』も要チェック!
※ 写真集『るきののあぶない水着』は、通販サイト『ドリームカート』(http://www.dreamcart.net/)にて 近日発売予定。

<取材・文/林健太 撮影/難波雄史>

コス Love オンナノコ

表紙は、うしじまいい肉。美女レイヤーたちの自画撮り写真集

トーキョールキノグラフ

藤崎ルキノ写真集

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中