「家庭内不和おじさん」を狙ってタカる女

バブル期にはやったアッシーやメッシーも今や死語。だが、男にタカる女はいつの時代も存在する。むしろ気前よくタカられてくれる男が減った分、その手口は巧妙化。不況の徒花とも言うべき「進化したタカり女」の恐るべき実態とは――

【家庭内不和おじさんを狙ってタカる】悪質度★★★★☆

女 年上の既婚男性、しかも「家庭がうまくいっていない寂しいおじさん」の金払いが一番いい……と得意げに語る山川ユリさん(仮名・26歳)。この“金脈”は暇つぶしの出会い系サイトで掘り当てたそうで、以来、味を占めたという。

 現在のお相手は50歳。家庭内離婚状態でユリさんと同い年の息子がいる。おじさんのおごり&プレゼントの総額がユリさんの月給をオーバーすることもしばしばだ(本命の彼氏はもちろん別にいる)。

 そこまでさせたなら、見返りHを求められるのが道理というもの。しかし、その欲望は「不倫はしたくない」との言葉で一蹴する。その際、思い詰めたような、怒ったような、真剣な眼差しも向けることを忘れないという。

 念のため、スキンシップをまったく許さないのか確認すると、ユリさんはあまり言いたくない様子。食い下がったところ、「さすがに、キスもなしではそこまで引っ張れない」と落ち込んだ様子であった。

 ユリさんが徹底しているのは、自分の個人情報を一切明かさないことだ。住所から仕事まですべてデタラメ。名前もファーストネームしか教えないのだが、それさえデタラメ。そうすれば、「トンズラしても連絡の取りようがないので安全!」とのことだ。

 これまで、本気になりすぎて離婚に踏み切ろうとするおじさんがいなかったのが幸いだが、今のお相手は「フリーになろうかな」と言い出してユリさんを不安がらせている。「俺、Hできたら泣いてしまうと思う」と頬を緩めるおじさんに戦慄を覚える今日このごろだとか。

【必殺セリフ】
「不倫はしたくない」
(=H抜きでいい思いをさせてほしい)

― 真理「女はカネに汚い」を証明した!【4】 ―

30~40代のカラダは“肉体改造”とともに「血管年齢」も若返らせろ!【PR】

30~40代のカラダは“肉体改造”とともに「血管年齢」も若返らせろ!【PR】
 中年になると、健康といえば真っ先にイメージし求めがちなのが、いわゆる“肉体改造”のような目に見える部分のカラダの変化。確かに太っている人が痩せると、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その2:日本人のハイローラー(5)
山田ゴメス
シングルマザーたちの複雑な恋愛心理「受け入れてくれるのは100人に1人」
メンズファッションバイヤーMB
2~3万円で買える「なんちゃって高級時計」ベスト3
オヤ充のススメ/木村和久
富裕層の金銭感覚に変化!? 両極端なものに出費するのはなぜか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ニューヨーカーが狂喜した“グラハム現象”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第20回
おじさんメモリアル/鈴木涼美
医者の男が教えるセックスは本当に気持ちいいのか?
大川弘一の「俺から目線」
内定取消しの美琴、銀座を彷徨う――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
アホなことも10年やれば一流の仲間入り!? 芸能事務所の忘年会に潜入する方法
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」
「アナベル、外に出てふたりで話そう!」――46歳のバツイチおじさんはライバルに先を越され窮地に立たされた
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
ジェダイも真っ青の実力なのに会場はスッカスカ。フェンシングは太田雄貴選手の言う通りカネがなさそうだった件
原田まりる
「車好き」はマゾヒスティックな趣味である
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
僕が芸能界を無期限休業したワケ――「ネパールを旅してわかったこと」

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中