【ドアラ×つば九郎】球界マスコットの“筆談対談”が実現

ドアラ×つば九郎

筆談するドアラとつば九郎の2人。書かれているのは飲み屋での人間観察について。

「マスコット界の巨匠」と呼ばれるドアラ(中日ドラゴンズ)とつば九郎(東京ヤクルトスワローズ)の“2人”は奇しくも今年で20歳。切磋琢磨しながらも互いをライバルと認めてきた。彼らが球界に現れたのは’94年。選手のほとんどは年下、誰よりも長くプロ野球界を見つめてきた彼らの大物選手たちとの濃厚な関係を、筆談で語り合ってもらった。

――’94年のデビューから20年、さまざまな監督、コーチ、選手とお仕事を一緒にしてきたおふたりにとって、最も印象に残っている監督さんは?

ドアラ:みなさん立派で、理想の上司でした。

つば九郎:すぴるばーぐ(即答)。

――最も可愛がってくれた選手は?

ドアラ:ビジター選手も含めて、みんなです。

つば九郎:しはらいがいさぎよい、みやもと(宮本慎也)さん。みやもとさんのでたすぱ、よんだよ!

――ドアラさんは森野(将彦)選手と仲が良いそうですね。

ドアラ:あいつ……(と、ここまで書いて慌てて二重線で消す)。とてもいい人です。

――最近ではスワローズ宮本さん、ドラゴンズ谷繁選手がそれぞれ2000本安打を達成しました。おふたりはプレゼントなどを贈られましたか?

ドアラ:心から祝福しました。捕手で2000本とは恐れ入りました。

つば九郎:2000にちなんで2000えんさつをぷれぜんとしたら、「これじばら?」ってきかれた。

――同僚でもあるプロ野球選手は、オフは厳しいトレーニングや来季への備えを怠りませんが、おふたりのオフの間の過ごし方を教えてください。また、キャンプはどのような心づもりで臨むものですか?

ドアラ:過去はふりかえらない主義です。

つば九郎:ひたすらかんぞうをきたえてます。

※5/20発売の週刊SPA!「エッジな人々」より

<取材・文/小島克典(スポカルラボ) 撮影/渡辺秀之>

週刊SPA!5/27号(5/20発売)

表紙の人/西内まりや

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中