自宅警備隊や擬人化コス本も!? コスROM即売会「コスホリック12」

コスホリック12

コスホリック12(美少女)

 8月16日、コスプレROM即売会「コスホリック12」が開催された。コミケ2日目と同日開催ではあるものの、ROMを買ったり、コスプレイヤーの撮影を楽しむ多くの来場者の姿があった。ほとんどのサークルは、人気アニメ・ゲームのコスプレ写真集、コスプレROMを販売しているが、なかには個性的なサークルもあった。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/699003/ch12-1_02

 たとえば、コミケなどでもおなじみ「自宅警備隊宅外派遣本部N.E.E.T.」のブースでは、求人情報誌のパロディ冊子を揃えていた。マイペットの銃を持った隊員は、黒いヘルメット、サングラス、黒いマスクで全身黒の衣装に身を包み、来場者と気さくに話をしていた。華やかな美女レイヤーだらけの会場で、特異な存在であることは間違いないが、来場者の男性だけでなく、女性レイヤーも興味を持っている光景が印象的であった。

「MAD集団despair」のブースでは、ゲーム機擬人化コスプレ写真集『Game Machine Wars』(B5サイズ、40ページフルカラー、1500円)を頒布していた。過去には、一時期プチブームが訪れたブラウザゲーム『Cookie Clicker』のババアをコンセプトにしたコスプレROM『BBA Clicker』なども製作しており、他コスプレROMとは一線を画す独創性が光っていた。

 他サークル、コスプレイヤーに強い影響力を持ち、コスプレイヤーが多数訪れるブースもあった。

 口枷屋モイラさんのブースでは、コスプレROMのほかモイラさんによるグッズが販売されていた。あひるのかわいい口枷が代表的なグッズだが、ほかにもコスプレ小道具に取り入れやすいグッズがそろっていた。さらに、身長180cm以上ある高身長の男性レイヤー「美少女」さんのセクシーなコスプレROMも頒布されており、注目を集めていた。

 Tシャツやローブルマが人気の「思春期マーブル」のブースにも多くの女性が訪れていた。日本ローレグ・ライズ協会(通称ロー協)も活動しており、コスプレグッズとして採用するレイヤーも増えているのだ。

 コミケでもコスホリでも、「艦隊これくしょん」や「ラブライブ」といった人気ジャンルのコスプレは多い。実際、振り返れば必ずどちらかは視線に入るといっても過言ではないだろう。正統派キレイなお姉さんコスプレももちろん最高ではあるが、たまには少し趣向の違うコスプレの世界をのぞいてみるのもアリではないだろうか。

<取材・文・撮影/林健太>

最強ダイエット食材・ブロッコリーが “食事の主役” になる時代!? AKB48峯岸みなみも食べてスリムに

ブロッコリー
 いま、手軽に食べられるダイエット食材としてブロッコリーが注目を集めている。きっかけは、先日のAKB48総選挙で2連覇を達成した指原莉乃が1月、プライ…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中