自分が使いたい電気は自分でつくる「オフグリッド」な生活とは?

大手電力会社が電気料金値上げや原発再稼働に邁進しているなか、「脱・大手電力会社」の動きが急速に進んでいるという。その理由は何なのか? 自治体、企業、一般家庭それぞれの「電力シフト」最前線をリポートした

<一般家庭>大手電力会社の電気を使わない、「オフグリッド」な生活とは!?

鈴木家

自エネ組の施工第1号の鈴木さんは、ソーラー発電、太陽熱温水器、薪ストーブなどを活用(撮影/新井由己)

「節電も大事だけど、自分が使いたい電気は自分でつくればいいんです」

 そう話すのは、’12年9月に東京の新宿から岡山県玉野市へ移住した鈴木みどりさんだ。原発事故の後、「東京から避難したほうがいいのではないか」と思いながらも、原発反対のデモに参加。1年くらいしてから、このままでは何も変わらないことを痛感し、自分の暮らしを変えることを決意する。

「電力会社に抵抗するという気持ちもありました」(鈴木さん)

 東京生まれの東京育ち。家族や親戚がいざとなったら避難できるように、新幹線駅に近い場所で中古物件を購入。すぐにソーラー発電を導入し、電力会社の電気をなるべく使わない暮らしを始めた。

鈴木家

薪ストーブ(撮影/新井由己)

 移住資金は、東京の持ち家を売って捻出。ソーラー発電システムや太陽熱温水器、薪ストーブも設置することができた。屋根の上には240Wのパネルが8枚あり、家の裏にあるスチール物置の中に、ゴルフカートの再生バッテリーが12個入っている。一般的なソーラー発電と異なり、電力会社に売電しないで、バッテリーに電気を蓄めて自分の家で使う仕組みだ。

「使っている家電は365リットルと110リットルの冷蔵庫、デスクトップPC、インターネット関係のルーターが24時間動いています。天気がいい日は発電量がバッテリーの容量を超えるので、ホームベーカリーでパンでも焼きます」(同)

 中国電力との契約は継続しているものの、毎月の電気料は基本料の300円ほどしか払っていない。雨や曇りが続いてバッテリーの電気が足りなくなれば、電力会社に切り替えられるようになっている。

鈴木家

スチール物置にゴルフカートの再生バッテリーが(撮影/新井由己)

 このシステムを全国に普及させ、施工しているのが「自給エネルギーチーム(自エネ組)」の中心人物、大塚尚幹さん。すでに29か所で独立型のソーラー発電を設置している。大塚さんは福島第一原発に近い川内村の「漠原人村(ばくげんじんむら)」というコミューンで電気・ガス・水道のない暮らしを営み、ソーラーパネルで電気を自給していたが、原発事故後に妻の実家のある岡山県に避難してきた。

「震災後、独立型ソーラー発電一式を持って南三陸に復興支援に行きました。ところが、屋根にたくさんソーラーパネルが載っているのに、バッテリーに蓄められないシステムなので、いざというときに使えなかったんです」(大塚さん)

⇒【vol.2】「廃棄バッテリー再生で安価なシステムが完成」に続く http://nikkan-spa.jp/756348

撮影/新井由己
― [脱・大手電力会社]はここまで進んでいた【3】 ―

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中