「バブルサッカー」は出会いの穴場。女性率約8割で自然な会話も

「バブルサッカー」は出会いの穴場「出会い」をテーマにする雑誌記事では、出会い系やナンパスポットなどは数多く取り上げられてはいるが、実際に真剣な交際をするとなると出会いが出会い系やナンパというのもいかがなものかと考えてしまう。

 やはり、ちゃんとした恋愛をしたいという人には、出会い系サイトやナンパなどじゃない出会いが欲しいもの。だからといって、合コンの誘いもないし、職場恋愛などもってのほかで……。そんな悩みを抱えている人もいるのではないだろうか?

 そんな人のために、巷で「女性が結構多くて、出会いのキッカケになりうる!」と言われる穴場に行ってみた。

 取材班が訪れたのは「バブルサッカー」場。

 ノルウェーのバラエティ番組で取り上げられ、人気となった新感覚スポーツである。太ももから上に大きな風船を被ってサッカーをするのだが、インターネットのサイトから申し込めば個人でも参加できるのが特徴だ。

 今回潜入したイベントは、早朝にもかかわらず、20人以上が集結。そのうち男性はなんと5人だけ! ハーレム度は抜群で、女性の年齢構成は20代前半~30代半ば、見た目もスポーティと期待が高まる。

 試合は5対5のフットサル形式で、まずは参加者が6~7人のチームにわけられる。1人で参加した筆者は女性5人組とチームになり、ウキウキ感はさらに増した。

 ただ、実際にバブルを被ってみると、意外に重くて息苦しい。順応する間もなく、第一試合がスタートすると、前方はぼやけてほとんど見えず、上下にしか穴がないので、周りの声も聞こえない。相手プレイヤーと衝突するたび、吹き飛ばされてしまった。

 果たしてこれが出会いになるのか……と疑うなかれ。実はこれが出会うには好条件なのだ。バブルに動きを制限されるので、技術・身体能力の差が出にくく、運動神経があるなしで女性の評価に差が出にくいのだ。

 また、通常のサッカーやフットサルでは、男が熱中するあまり場が殺伐としがちだが、風船姿で転げ回るバブルサッカーは、自然と雰囲気も和やかになる。男女混成チームでも和気あいあいとできるのだ。

 さらに、試合中はお辞儀をするような姿勢で前屈みにならないとまるで会話にならないが、バブルサッカーの真価を痛感したのは試合後。チームスポーツならではの一体感が生まれ、「カメラ貸していただければ、次の試合、写真撮りますよ♪」、「一緒に集合写真撮りませんか?」とチームメイトに次々声をかけられたのだ!

 疲労感がハンパなく、プレーできる場所も限られるが、コストはシューズやジャージを借りても4000円以下。出会いの場としてはかなりの好スポットだった。

 いかがだろうか。ちなみに記者は、単独男性として参加。特段モテるタイプでもないが、難なく女性とコミュニケーションを成立させたのである。

 9/15発売の週刊SPA!の「出会える[非ナンパ系スポット]潜入調査」では、女性との出会いを自然に作ることが可能(かもしれない)スポットに単独男性記者が参戦。その実態をリポートしている。

<取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!9/22・29合併号(9/15発売)

表紙の人/香里奈

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
関連記事

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中