セレブママたちの「世にも下らないマウンティングバトル」

 かわいいわが子が生まれて「公園デビュー」した次の瞬間から、なぜかマウンティングを試みてくるウザい“ママ友”と接触しなくてはいけない世知辛い世の中。そういう手合いには近づかないのが華だが、連中は勝手に「ママ友カースト」とでもいうべき階層を作って、他人を分類しようとしやがる。ヤツらがどういう思考で動いているのか、学ぶことで防御策を考えてみよう。

セレブママたちの「世にも下らないマウンティングバトル」 夫の職業や年収がそのままステータスになるママ友カースト。毛色が違う業種の夫を持つママ同士で、世にもくだらないマウンティングバトルが繰り広げてられている。某有名企業の常務である夫を持つAママと、某省庁に勤める夫を持つBママは犬猿の仲。Aさんは、2人の争いをいつも身近で見ているという。

「2人とも競い合いながらPTA役員に立候補。相手が自分より目立つのが許せないんでしょうね。行事ごとに着てくるスーツやコート、持ってくるバッグなどは、その都度新しく、いかにもなブランドモノで対抗しています」

 また、2人ともママカースト上位の必修項目である海外での駐在経験があるという。

「Bさんが『アメリカにいたときにね、現地のアメリカ人に和食を教えてたのよ』と言うと、Aさんは『クアラルンプールでお教室に通っていたから、今度みなさんにマレーシア料理を振る舞うわね』と重ねるんです。さらにBさんが『そうそう、海外って調味料が手に入りにくいわよね。結局和食にはめんつゆが万能だったわ』と、絶対に相手の話で終わらせない。私たちは、延々とどうでもいい話を聞かされています(笑)」

 どうにかして優位に立とうとする2人の、終わりなき戦い。

「最初は一触即発かとヒヤヒヤしていましたが、今では夫婦漫才を見ているよう。PTA集会でのふたりのやりとりは、ちょっとした名物です。ほかのママたちも『今日はBさんが優勢だったね』なんて話のネタになっています」

 その絶妙なパワーバランスを保ち続けてほしいものである。

※11/24発売の週刊SPA!では、「旦那が知らない[ママ友カースト]陰湿な生態」という特集を掲載中
<取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!12/1号(11/24発売)

表紙の人/ 吉木りさ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
関連記事

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中