雑学

バックギャモン世界一の矢澤亜希子「1回の遠征費用100万円。勝てなければ大赤字」

「感動をありがとう!」なんて言葉はお約束すぎるが、世界で活躍する日本人を見ると励みになるのは否めない。まだまだ知られていないがユニークで驚異的な世界一の日本人を紹介する

戦略と忍耐を要する過酷なボードゲームで世界一に!バックギャモン矢澤亜希子氏


 競技人口が全世界で3億人を超えるボードゲーム「バックギャモン」。その’14年の世界選手権で優勝したのが矢澤亜希子氏だ。ゲームとの出会いは大学生の頃。始めたての時期に、日本のバックギャモンの第一人者・望月正行氏を初対戦で破った伝説も持っている。

矢澤亜希子氏

日本人女性初の世界王者となった矢澤亜希子氏

「どう戦えば勝てるかは自分なりに研究していました。バックギャモンは、サイコロの出目に合わせて駒を進め、ゴールを目指すシンプルなゲームですが、やはり序盤の攻め方などには定石がある。また、すべての出目を想定しながら駒を動かす点は、本当に頭を使います。何でもハマると調べる性格はこのゲームに合っていたかもしれないです」

 その後1年とたたずに海外トーナメントに参戦したが、プロになるのはその7年ほど後。というのも、プロとして生計を立てるのはリスクが大きいそう。

「プロは世界の大会に毎月参加しますが、飛行機代やホテル代、参加費などを合わせると1回の遠征あたり100万円ほどの費用がかかる。数千万円の賞金が出る大会もありますが、上位入賞者以外は賞金ゼロ。勝てなければ大赤字になるんです」

1月は世界選抜の一員として米国の大会に参戦

1月は世界選抜の一員として米国の大会に参戦

 世界一となった強さの秘訣は「対戦しそうな相手の棋譜(過去の試合データ)を調べる」という独自のスタイルにある。

「対戦相手は抽選で決まるので、調べた相手と対戦するとは限らないし、相手の棋譜まで調べる人は少ないですが、私は勝率を上げるためにやる。実力が近い相手との対戦はサイコロの出目の勝負になりがちですが、運の勝負にはしたくないんです」

 目標は、歴史に名を残すような圧倒的な世界王者になること。

「若い人に『プロになりなよ!』と気軽に言えるように、日本でもプロリーグを作りたいですね」

― [世界一な日本人]を探してみた ―




おすすめ記事