デジタル

PlayStation Vita発売! 外見は草食系でも機能は肉食系

遂に発売された「PlayStation Vita」。クリスマス商戦の目玉と言われる最新ゲーム機をSPA!ゲーム担当・まいまいとゲームコラムニスト・卯月鮎が、さっそくチェック。その性能と遊び心地をリポートする。

PS Vita

PlayStation Vita 2モデルを発売。3G通信機能、GPS機能を搭載した「3G/Wi-Fiモデル」は2万9980円。3G回線はNTTドコモを使用し、料金プランは、プリペイド2種と定額の3種類。初回50万台のみ「プリペイドデータプラン」100時間分がセット。「Wi-Fiモデル」は2万4980円

◆ポイント1:有機ELディスプレイ

PS Vita

裏面

フォルムはPSPを継承しているため、写真だけを見ると「なんだ、あまり変わってないじゃないか……」と思うかもしれないが、それは早合点。実は中身は、驚くほど進化を遂げているのだ。

まずPS Vitaを渡されて、目に飛び込んできたのは美しいグラフィック。「うわー、キレイ! 細かいところまでクッキリ見える!!」と、編集まいまいも思わず声を上げたほど。

それもそのはず、スクリーンにはゲーム機初となる有機ELディスプレイを採用。鮮やかな発色は、有機ELならではのものだ。これはゲームだけでなく、PCやPS3のトルネで録画した動画を再生する際にも力を発揮する。液晶よりも応答速度が速いため、サッカーのような動きが激しいスポーツもブレずにしっかり見られるとのこと。普段使いのポータブルディスプレイとしての実用性も増している。

⇒ PlayStation Vitaのタッチスクリーンは「指がこんがらがる」!? に続く
https://nikkan-spa.jp/105091

(C)Sony Computer Entertainment Inc.

― PlayStation Vitaはただのゲーム機じゃない!!【1】 ―


ハッシュタグ




おすすめ記事