恋愛・結婚

「40代以上で結婚できない男」に共通する3つのポイント

 咳をしても一人。それはまだやせ我慢できる。一人の道が暮れてきた。これは誰にとってもきつい。不惑を迎え、人生マラソンをひとりぼっちで折り返す40代独身男子は、この先を走っていけるのだろうか。

 日本の40代男子を無作為に選んだとき、そのうち4人に1人は独身者だという。しかも、彼らが今後5年間に結婚できる確率は、なんとわずか1.2%にすぎない(全国仲人連合会調べ)。全国各地に鎮座する縁結びの神様も、アラフォー男子に対してはほとんど無力なのだ。

「結婚できない男」に共通する3つのポイント ただし、『37歳からの婚活』(扶桑社刊)をリリースした大西加枝さんによれば、諦めるのはまだ早いという。大西さんは、2011年から東京の西麻布で結婚相談所を営んでおり、結婚したいと願う男女を引き合わせるお見合いを多数取り持ってきた。

「40歳以上の方たちが、自力で結婚に辿り着くのは非常に困難なことですが、私が携わっているお見合い市場の大多数は40歳以上の方たちです。今と同じ毎日を続けていて、自然に相手がみつかるだろうなんて考えるのは甘いですが、結婚しようと決意し、本気で相手を探した方たちは、ほぼ全員が結婚しています」

 努力は報われるのだと大西さんは自信満々。「やればできる!」「やらないからできないんだ!」という熱血ぶりは、松岡修造さんに通じるものがある。大西さんのメソッドは、悩める40代独身男子にとっての福音になりそうだ。

 仕事柄、大西さんは婚活をしていない独身者に接するとき、なぜ消極的なのかと理由を尋ねている。その答えの多くは、「自然な出会いを待ちたい」と明後日の日の出を待つような悠長なもの。

「さらに突っ込んで尋ねると、『婚活は面倒』『婚活でいい相手が見つかるとは思えない』『婚活しなくても相手は見つかる』『結婚を焦っているように思われたくない』などなど……。あえて断言しますが、こういった考え方やスタンスだと一生結婚できません」

結婚できない男に共通する3つキーワード

~フツーの女性、価値観、決めつける思考~

 40代男子は、スーパーで言えば特価コーナー行きの野菜や魚同然の立場。それもわきまえず、婚活というアクションを億劫がり恥ずかしがるというメンタルを、まず徹底的に改革しなくてはならない。多くの40代独身男子を見てきた大西さんによれば、その中でも特に結婚が難しい3パターンがあるという。

「まず、『フツーの女性がいいんです』と言っている男性はダメですね。『フツー』とは言いつつも、よく聞いてみると、『フツーのルックスで、清楚な雰囲気で、家事ができて、できれば育ちが良く、 35歳以下の女性がいい』というご要望なんです。でも、これがすごく難しい。『フツー』を求めているようで、実は『自分が考えるフツーから少し外れたらイヤ』と言っていることに気づいていない」

 会社でもそうだろう。「この仕事、フツーにやってくれればいいよ」と言う上司は、たいてい部下がやった結果に対して後追いで文句を言うものだ。「フツーを諦めましょう」と大西さんは言う。「フツーの女性」を求めるのは、どこにもいない人を探しているのと同じことなのだ。

次のページ 
価値観、決めつける思考

1
2
37歳からの婚活

あなたの婚活は間違っていた!




おすすめ記事