恋愛・結婚

出会い系の登録、援交率が高い区はどこだ?【23区SEX格差データ比較】

 データから知られざる区の姿を浮きぼりにしたと話題の新書『23区格差』。そこでSPA!では性について各区のデータを比較すると、どうなるのかを検証。23区の知られざるSEX事情とは?

出会い系登録者数


 性の乱れの入り口か? 各区の出会い系登録者数だ。大手出会い系サイトの女性登録者1万人のうち、住所が公開されているプロフィールの数をカウント。結果1位は新宿区(85人)となった。

 しかし、これは出会い系利用者ならばわかると思うが、待ち合わせしやすい場所を出身地に選びがち。そのため新宿、渋谷は“ニセ”なのではないかとSPA!は分析する。逆に2位世田谷(73人)も、“さくら”がセレブ妻を装い設定している気も……。これらの条件を踏まえれば、5位杉並区の51人というのが一番リアルな数字だったかもしれない。

杉並区

登録者数は新宿区、世田谷区、渋谷区、豊島区と続いたが、信憑性が高いのは杉並区かも

次のページ 
援交率

1
2
23区格差

一人勝ちとも言われる東京で進む「格差」





おすすめ記事