デジタル

1万円以下でも大満足! 手持ちのスマホで楽しむ最新VRゴーグル

 映画『マトリックス』のようなバーチャルリアリティ(仮想現実)が、より手軽に体験可能に! 手持ちのスマホと組み合わせて、最新技術のVRコンテンツを堪能しよう!

東京ゲームショウ2016でも話題独占。手軽に手に入る没入感がたまらない!


 “VR元年”と呼ばれる’16年は、開発費を募集し、目標額の25万ドルを遥かに上回る240万ドルを調達した“Oculus Rift”や、室内全体を3D空間として取り込み、仮想空間の中で動き回れる“HTC Vive”が発売されたほか、10月13日にはPlayStation 4に接続して遊べる、PlayStation VRがリリースされた。

 だが、この中でいちばん安いPlayStation VRでさえ、単品で約4万5000円。11月10日に発売予定のPlayStation4 Proと同時にそろえると、約10万円と非常に高価。残りの2つにいたっては、単品で10万円近くするうえ、コンテンツを利用するには数十万円の超高性能なパソコンが必要となる。やはりVRは庶民にとって高嶺の花……と諦めるのは早計。近年はスマホに装着するゴーグルタイプも数多くリリースされ、手頃なものなら1000円程度、1万円も出せば必要十分なものが手に入る。そこで、東京ゲームショウ2016で体験した製品のなかから、オススメVRゴーグルを3つ厳選した。

装着感と没入感にこだわったイギリス生まれのVRゴーグル「STEALTH VR200」


⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1220722

STEALTH VR200

STEALTH VR200

 まず、装着性と没入感の高さに徹底的にこだわって作られたのが、イギリス生まれの「STEALTH VR200」だ。調整可能なヘッドバンドは、適度に重さが分散されるように設計され、通気性の高いフェイスパッドを使用することで、快適なつけ心地を実現! さらに大型の高性能レンズを採用しており、左右独立したピント調整機能によって広い視野角で没入感の高いVR体験が楽しめるのだ。

STEALTH VR200/InfoLens
視野角92度の42㎜の大型高性能レンズと、左右独立したピント調整機能により、没入感の高い映像美を実現! 長時間使用できるように、装着性にも徹底的にこだわっている

実勢価格:9800円(税別)
本体サイズ:幅200×高さ105×奥行き140㎜
重さ:390g
対応機種:iPhone、XPERIA、GALAXYなど、画面
サイズが4~6インチ、幅80㎜以下のスマホに対応

イチャまくら

スマホ用に配信されている、さまざまなVRゲームや3D映像が楽しめる。写真はVRで女のコの膝枕が体験可能な『イチャまくら』

次のページ 
ジャスチャー操作が広げるVRコンテンツの可能性

1
2
3
PlayStation VR

PlayStation Camera同梱版


BotsNew VR

スマートフォンにセットするだけで簡単に360°没入新体験!





おすすめ記事