ニュース

トランプ新政権、2人の女性閣僚の“悪名高い”背景

トランプ新政権の2人の女性閣僚の背景に疑問あり

写真/AFP=時事

 ドナルド・トランプ氏が次期大統領になることが決まって以降、焦点となっているのが政権人事だ。連日、閣僚ポストにさまざまな人物の名が浮上しているが、日本の外相にあたる国務長官の人事は難航しているようだ。先日もジュリアーニ元ニューヨーク市長が辞退したという報道があったと思えば、今度はエクソンモービルのティラーソンCEOが急浮上するなど、日々、メディアを騒がせている。

 このようにトランプ次期政権の人事に注目が集まるなか、「疑問符が付く人材も含まれている」と指摘するのは本誌でもおなじみ、ジャーナリストのベンジャミン・フルフォード氏だ。

「まず教育長官に指名されたベッツィー・デボス氏ですが、義父は『アムウェイ』の共同創設者で富豪一族。また、実弟は悪名高い民間軍事会社『ブラックウォーターUSA(現アカデミ)』を創設した元軍人です。こうした人物が教育行政を仕切ることには違和感があります」

次のページ 
運輸長官に指名されたのは…

1
2
週刊SPA!12/20号(12/13発売)

表紙の人/ 馬場ふみか

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事