エンタメ

アングラ感満載の緊縛イベント「マニフェス TOKYO 2017」フォトレポート

 “マニフェス”は、世界的に有名な緊縛師たちが一堂に会した、緊縛ショーやワークショップ、物販などが催されるアングラ感満載の一大緊縛イベントだ。そんな「マニフェス TOKYO 2017」(運営・サンクプロジェクト)が今月22日に都内某所で開催された。

アングラ感満載の緊縛イベント「マニフェス TOKYO 2017」フォトレポート 取材班が会場に到着した頃には、地下の店内へと続く階段から地上まですでに長い行列ができており、当イベントの人気ぶりが伺えた。

 イベント開始直後から会場内は人で溢れかえり、海外からの特別ゲストRicardo Wildties×Red sabbathのペアらを含む、豪華なパフォーマーたちによる緊縛ショーが披露された。

現役風俗嬢タレント・山村茜さん。在籍店は大っぴらには公表していないようだが、ちゃんと遊びに行く約束をすれば教えてくれるようだ

 一流縄師の見事な手さばきで女性が縛り上げられる官能的な光景に、来場者たちは終始視線を奪われる。また、別フロアのサブステージでは、ローレグやローライズ好きな女の子たちが集まる「ロー協」から生まれたアイドルユニット・ローズヒップssや、同じくロー協の公式モデルに所属する現役風俗嬢タレント・山村茜さんらが、見応えのあるライブパフォーマンスで会場を盛り上げた。

 山村茜さんは“その気になったら裸で触れ合えるアイドル”という強烈キャッチコピーの持ち主で、当イベント後も夜は五反田のお店にご出勤とのこと。

今回のイベントの主催者であるAV女優の川上ゆう女史

 一癖も二癖もある出展者たちによる個性的な品揃えの物販ブースも“マニフェス”の魅力のひとつ。各ブースでは過激なコスプレROMやAV、写真集、SMグッズなどなど…アダルトなアイテムの数々が並び、過激なコスチュームで惜しげもなく肌を晒す売り子たちが多く見受けられた。

“マニフェス”の象徴とも言えるロープで作られる龍のオブジェ(作成中)。でかい!

 購入特典としてチェキなどを用意するブースもあり、緊縛などの体験型ブースも人気を集めている。中には「生脱ぎパンスト」なんてサービス商品を用意するブースも。

SMグッズがずらりと並ぶ様は壮観。タロット占いができるブースや縄の10本セットの販売をするブースも。SM界では「縄は消耗品」らしい

 ただ会場を見て歩いているだけでも、十分に楽しめた「マニフェス TOKYO 2017」。来場者は男性が多いものの、女性や外国人の姿も目立ち、年齢層も幅広い。従来の縄会などの枠に囚われない裾野の広さを感じさせるイベントだった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1278118

<取材・文/日刊SPA!取材班 運営:サンクプロジェクト http://project.sanc-net.co.jp/




おすすめ記事