ライフ

「不正受給する余裕なんてない」生活保護受給者のリアル

「不正受給する余裕なんてない」生活保護受給者のリアル 普段着る洋服などはリサイクルショップで購入するか、親族の“お古”をもらって支出を抑えているとか。それでもいまだに月末になると生活費には困るという。 「息子は今、大阪育英会の奨学金制度を利用して、夜間学校に通っています。アルバイトで多少は家計を助けてくれることもありますが、月末はやはり苦しい。不正受給者のせいで生活保護がバッシングされていますが、『そんな人もなかにはいるんだ』というぐらいであまり気にしてはいません。この団地にも他に受給者の方がいますが、みんな自分たちの生活で精一杯です。病気をしてる人も多いし、不正受給なんてする余裕ありませんよ」  仕事が見つかれば、働く意思はあるという木村さん。息子の成長、そして壁一面に貼られたBIGBANのポスターが彼女の癒しだ。 <取材・文・撮影/週刊SPA!編集部>
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事