スポーツ

KAIENTAIの青春群像――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第306回(1998年編)



 その後、TAKAがヒール・サイドに合流してKAIENTAIがバージョンアップされ、悪党マネジャーとしてヤマグチ・サン(ウォーリー山口)が加入。8.30“サマースラム”ではKAIENTAI対オディティーズ(ゴルガ&ジャイアント・シルバ&ケラガン)の4対3ハンディキャップ・タッグマッチがラインナップされた。この試合はコミック・マッチの古典としていまもマニアのあいだで語り継がれている。

 KAIENTAIが全米をツアーした約9カ月間、TAKAとトーゴーがプエルトリコのサンファン、フナキが家族とともにテキサス州サンアントニオ、テイオーがニューヨーク・ニューヨークのアパートメントとそれぞれ生活のベースを別べつにしていたため、4人組のユニットは毎週金曜か土曜にどこかの州のどこかのエアポートで待ち合わせをして、3日間から4日間のツアー日程のあいだだけ行動をともにするという“巡業スタイル”をとっていた。

 WWEの“同期”にはエッジ、クリスチャン、マットとジェフのハーディー・ボーイズといった近未来のスーパースターたちがいた。あのザ・ロックも同期といっていい近しい関係の仲間のひとりだった。

 WWE生活はいちばん長いけれどトシはいちばん若かったTAKAがこのとき25歳で、フナキが30歳。トーゴーは29歳で、テイオーは32歳だった。それぞれがそれぞれのこれからをイメージしたとき、KAIENTAIは発展的解消を選択した。

 トーゴーは新団体・大阪プロレスの旗揚げに協力し、テイオーは大日本プロレスに活動の場を求めた。

 TAKAは2002年までWWEに在籍し、それまでプエルトリコで主宰していたプロレスラー養成スクール“KAIENTAI-DOJO”を日本に逆輸入して団体化。フナキはその後、12年間にわたり貴重なバイプレーヤーとしてWWEスーパースターのステータスを守りつづけたのだった。(つづく)

斎藤文彦

斎藤文彦

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。

1
2


ハッシュタグ




おすすめ記事