スポーツ

ランディ・オートン 現在進行形のレジェンド――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第99話>

ランディ・オートン 現在進行形のレジェンド<第99話>

連載コラム『フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100』第99話は「ランディ・オートン 現在進行形のレジェンド」の巻(Illustration By Toshiki Urushidate)

 ランディ・オートンは、ハートをさらけ出すことのできるプロレスラーである。

 クリス・ベンワーを下して世界ヘビー級王座を初めて手に入れたオートンは、黄金のチャンピオンベルトを大切そうに抱きかかえて、リングの上でわんわん泣いた(2004年8月15日=カナダ・トロント)。

 これがライブのオーディエンスとPPV視聴者が目撃した“サマースラム04”の感動的なフィナーレだった。

 エア・カナダ・センターに集まった1万7640人の大観衆のスタンディング・オベーションのなかを一歩ずつたしかめるような足どりでバックステージに戻っていったオートンは、観客からはみえない場所でまた泣き崩れた。

 入場ランプのすぐ裏にはその日、イベントに使用されたテレビ中継用の機材、ケーブル、大道具などが無造作に置かれ、オートンは狭いスペースにしゃがみ込んで肩を震わせて泣いた。

 携帯電話を手に持ったステファニー・マクマホンがオートンの姿をみつけて足早にかけよってきて、その携帯電話をオートンに渡した。

 無言のままそれを受けとったオートンは、下を向いたまま10ケタくらいのボタンを急いで押した。暗記された電話番号だった。

 電話の向こう側にいるのは、どうやらカンザシシティーに住む父親“カウボーイ”ボブ・オートンらしかった。

 オートンは、ちいさな携帯電話に顔をくっつけて、たったいまチャンピオンになったことを父親に報告していた。これは観客にみせるためのドラマのワンシーンではなかった。

 ルーキーとしてダーク・マッチ(テレビ収録なし)でWWEのリングにデビューしたのは2001年10月。髪はいまよりもやや長めだった。

 それから1カ月後に肩を脱臼して長期欠場し、復帰後はまたファーム落ち。2002年4月に“スマックダウン”で再デビューした。次世代スーパースターにもちょっとした挫折があった。

 プロレスが純粋な競技スポーツであっても、純粋な競技スポーツとは異なるスポーツ・エンターテインメントとされるジャンルであっても、競争を勝ち抜いた者だけがチャンピオンになれるという大原則になんら変わりはない。

 プロレスラーはライフ・ストーリーを観客とシェアする。オートンはキャリア4年、24歳でチャンピオンベルトを腰に巻いた。

 オートンの祖父“ビッグO”ボブ・オートンはルー・テーズと闘い、父“カウボーイ”ボブ・オートンはハルク・ホーガンと闘った。ふたりとも実力派のレスラーではあったけれど、世界チャンピオンにはなれなかった。

 オートンはもちろん祖父オートンのプロレスを生で観たことはないし、父親がロディ・パイパーやポール・オーンドーフといっしょにホーガンと因縁ドラマを演じていたころはまだ小学生だった。

次のページ 
プロレスとは生まれながらにしてあり、みずからも歩いていく長い道のり

1
2
※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス読本」と書いたうえで、お送りください。

※日刊SPA!に掲載されている「フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー」が『フミ・サイト―のアメリカン・プロレス講座』単行本になり、電波社より発売中です

フミ・サイトーのアメリカン・プロレス講座 決定版WWEヒストリー 1963-2001

WWEはいかにして世界を征服したのか?幾多の危機を乗り越え、超巨大団体へと成長を遂げたその歴史を克明に描く「WWEの教科書」




おすすめ記事