雑学

休業状態の川越シェフ、「水が800円」で炎上したレストランは庶民のお財布に優しい良店だった

休業状態のシェフ川越、「水が800円」で炎上したレストランは庶民のお財布に優しい良店だった

「800円」と噂されていたシェフ川越レストランの水

 週刊文春にて、あのカリスマシェフ川越達也氏がレストランを1年以上も休業していると報じられた。文春の直撃によると、

「もう僕は皆様に忘れていただきたくてしょうがなくて。(中略)出来ることなら世の中の人から、僕の存在は忘れてもらいたいくらいです」

とも語っていたという。

 一体、川越シェフに何があったのか――。

 歯に衣着せぬストレートな辛口批評で人気を博していた、川越シェフ。遡ること4年前の2013年5月、雑誌『サイゾー』ウェブサイトのインタビューで発した言葉が物議を醸した。

 川越氏は「食べログ」などの評価サイトについて「くだらない」、「年収300万円、400万円の人が高級店に行って批判を書き込むこともあるが、そういう人たちには高級店の企業努力や歴史がわからない」とレビュアーに“逆ギレ”。

 「食べログ」のレビューでは、川越氏のレストランで水を頼んだら800円取られたという声を中心に、批判が噴出していたのだった。

 川越氏の上記の発言はネット上で集中砲火を浴び、自身のウェブサイト上で謝罪する騒動に至った。

 実は騒動の渦中、週刊SPA!スタッフは川越シェフのレストランにこっそり訪れていた。その模様は2013年6月2・9合併号に掲載されたのだが、今回特別に日刊SPA!でも公開する。

 東京・代官山の一等地に構える「タツヤ・カワゴエ」は当時あまりの人気のため予約は2か月待ちと言われていたが、電話をすると驚くほどアッサリと数日後の予約が取れたのだ。赴いたのは若手編集Aと、シェフの言う“年収300万円”以下のライターW(33歳)。

 代官山駅に現れたWは穴の開いたスウェットにTシャツ、足元は薄汚れたクロックスのサンダルに頭はタオル巻きというファッションであった。お高くとまった店では間違いなくドレスコードに抵触する。レストランどころか、代官山を往来する人々からの視線がすでに痛く「いくらなんでもやりすぎだろう」と編集Aがツッコむも、どこ吹く風のWであった。

 はたして店に着くと、なんとまったくのお咎めなし。やや拍子抜けしながら席に着くや、多忙を極めるはずの川越シェフが颯爽と登場した。

「今日はお腹いっぱい食べてください」

 言葉どおり、メニューに目を落とすと「料理も飲み物も好きなだけお召し上がりいただけます」との記載が。これには驚いた。コース料理で食べ放題&飲み放題の店など聞いたことがない。

次のページ 
むしろ貧乏人こそが行くべき良店だった

1
2




おすすめ記事