恋愛・結婚

「巨乳ブーム」を作ったエロ本の歴史から、エロ系サイトが狙う紙との差別化まで――エロメディア進化論

 これまで、写真と文章が売りのエロメディアと言えば、エロ本だった。はたしてウェブサイトはその代わりとなりうるのか? まずは創刊40周年、現存するなかで最古のエロ本『バチェラー』の歴史を追いながら考えてみた。

創刊号

当初は芸能誌だった記念すべき創刊号

 巨乳専門誌として知られる『バチェラー』だが、実は創刊時はタレントのインタビューやグラビアを中心とした一般誌だった。しかし、売り上げ不振から洋物ポルノ雑誌へと大胆に誌面を刷新。’70年代末には「巨乳」という言葉もなじみがなく、専門誌も見当たらなかった。

「鉱脈を掘り当てたという感じでしたね。ただ、当時は日本では巨乳モデルが少なく、海外に頼るしかありませんでした」(白石編集長)

 ’90年前後に日本に「巨乳ブーム」が訪れると、『バチェラー』の売り上げもピークを迎える。

’90年の150号

発行部数のピークを迎えた’90年の150号(モザイクは当サイトにて加工)

「それまで写真は日本の通信社に使用料を払って使っていたので、どうしてもネタ不足になる。’90年頃から、海外のカメラマンと直に取引し始め、写真の質も上がりました」

 しかし、ネットの普及により’00年代に入ると売り上げは下降。DVDは付いたものの、本誌のページ数は減少し、読み応えのあった1色ページの記事も姿を消した。

「ほとんど社内で編集していますし、正直厳しい状況ですが、待ってくれる読者がいる以上やめられない。これだけ印刷の質の高いエロ本は、海外にもないんですよ。せめて2年後の通巻450号までは、頑張りたいと思っています」

最新号

あと1号で40年目を迎える最新号(モザイクは当サイトにて加工)

次のページ 
エロ本にとって代わっているエロ系サイト

1
2
週刊SPA!9/12号(9/5発売)

表紙の人/ モーニング娘。’17

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事