ホーム内でバーベキューができる比羅夫駅

◆珍しい駅編
せっかくはるばる乗車するも思わず誰もが困惑してしまう妙ちくりんな駅

【CASE7】
ホーム内でバーベキューができる比羅夫駅

 ホームで立ち食いそばを食べる光景は普通だが、バーベキューをしていたらどうだろう……。そんな駅が北海道にある。スキーで知られるニセコの隣にある、函館本線の比羅夫(ひらふ)駅だ。

 日本でただひとつの駅舎が民宿になっている珍しい駅で、その「駅の宿ひらふ」に宿泊すると、ホームで堂々とバーベキューが楽しめるのだ。駅に到着した列車の乗客から羨望の眼差しで見られるのも、いい調味料である。

 バーベキューができるのは、基本的に4~10月だが、宿泊客全員の同意がとれれば真冬でも可能という。ただし、氷点下10℃ の環境でも凍らない熱い思いが必要だが……。

 ちなみに、民宿からホームまではたった17歩。ホームに列車が入ってから宿を出ても余裕の、超「ステーションホテル」である。

 また、駅名は飛鳥時代の将軍で、この付近へ訪れたとも伝えられる阿倍比羅夫が由来になっている。

― 日本全国[珍駅/泣駅]途中下車のススメ【7】 ―




おすすめ記事