R-30

5年連続ボーナスカット…手取り月32万円の中流家庭を襲う現実

大きなトラブルに見舞われたわけでも、目立った贅沢をしているわけでもないのに、真綿で首を絞められるように困窮する。理不尽な謎に迫ってみた。

子供の習い事は打ち切りも視野に……


貧困 家族の貧困にはさまざまな理由がある。山崎美穂さん(仮名・41歳)の場合、夫の5年にわたるボーナスカットがジャブのように効いている。当時すでに40歳を過ぎていたので、転職することもままならなかったという。

「銀行の住宅ローン担当者に『お給料というのは上がり続けるものですから』と調子よくそそのかされ、家を購入してしまったんです。結果、目論見が外れて貯金を切り崩す羽目になった。今の収入は旦那が月に25万円、私が保険のパートで月に7万円。2人で手取り32万円といったところですが、生活は常にカツカツの状態です」

 住宅ローン以外の支出はどうなっているのか? その内訳を聞くと、食費・光熱費・通信費などは極限まで切り詰めていることが判明した。

 その中で山崎さんが「意外にバカにならない」とするのが、今年、中1になる息子のサッカースクール代だ。

「月謝1万円のほか、試合があるたびに遠征代がかかるし、年に数回ある合宿ではそのたびに3万円ほど飛ぶ。スパイクやボールとかの道具だって消耗品ですしね。しかも年齢が上がるほど、かかる費用も高くなっていくんです。子供の夢を奪うような真似はしたくないけど、このままだと大好きなサッカーをやめてもらうことも視野に入れないと……」

※写真はイメージです
― 家族の貧困が止まらない ―




おすすめ記事