恋愛・結婚

VRやロボット技術の台頭でアダルト産業はこう変わる! 新たな快楽と脱人間化がキーワード!?

人工知能やロボットの時代が到来し、人類は新たなステージに突入しようとしている。アダルト業界も例外ではなく、イノベーションが次々と生まれている。AI搭載ラブドールから多様化するアダルトVRの世界、男女の概念を覆す新ジャンルのサービス&コンテンツまで、急激に進化する各ジャンルを総力取材!

ムーアの法則を超えるスピードで急成長!?


ロボット

ロボットと性交渉!

 ’17年は近未来のセックスを予兆させる話題が爆発的に増えた年となった。週刊SPA!では’16年6月に「人工知能SEX」と題した袋とじ企画を掲載したが、その後の技術の進化は想像以上に早い。

 リアルと遜色ない完成度を誇るアダルトVRコンテンツ、コミュニケーション能力を備えたAIセックスロボット、性行為中のデータを収集・管理するウェアラブルグッズなどが、相次いで登場し始めている。

 そして、数ある近未来アダルトグッズのなかで’17年に、性産業にもっとも大きなイノベーションをもたらしたのはVRだった。アダルトコンテンツ大手のソフト・オン・デマンド(SOD)で制作プロデューサーを務める金井陽平氏は言う。

「’16年の夏頃まで、日本ではVRを使ったAV作品はほとんど存在しませんでした。しかし、同年末から’17年にかけてその数が一気に急増。現在、大手アダルトサイトが運営する月間売り上げランキングを見ても、上位100タイトル中約40タイトルをVRが占めています。弊社でも1週間に5タイトルほどのペースで新作を発表しており、『こっそり内緒のW不倫中出しセックス』など、企画性と技術がマッチした作品は広い支持をいただいています」

 日本では不動産業界やゲーム業界を中心にVRの実用化が始まっているが、アダルトコンテンツ業界ほど積極的に使いこなしている産業はほかに見当たらない。

「今後、撮影用・再生用の機材、企画性などが充実していけば、アダルトVRコンテンツはより充実していく。世界では振動や匂いなど五感要素を加えて、より没入感の高いアダルトコンテンツを生み出そうという動きもあります。また、VR作品は一般作品に比べてデータ容量が重いので、今後5G回線の登場など通信インフラの向上にも期待したいです」(金井氏)
次のページ 
VR以外のエロ・イノベーションも

1
2
週刊SPA!1/16・23合併号(1/9発売)

表紙の人/ HKT48宮脇咲良 森保まどか

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事