恋愛・結婚

オンナ同士の会話に隠された恐るべき本音とは?

「気にしないで」は「気にしろよ」の意、「忙しそうだね」は「劣化したね」の意etc. 実に恐ろしいオンナたちの心情を詳細に分析

【セルフプロデュース&心にもないフォロー】

心にもないフォロー女のセルフプロデュースに対して、繰り出される心にもないフォロー。真意を知ると、女の会話が聞いていられなくなるかも!?

※カッコ内は建前指数(25~35歳未婚女性100人のうち「私もその意味で使っている」と答えた人数)

【建前】 「私なんてもうおばさんだから」
【本音】 同世代の中ではイケてます(67)

【解説】この建前には「若いコと同じ土俵に立ちたくないけど、完全なおばさん枠にいるとも思いたくない」(33歳・広告)という意図が。うっかりおばさん扱いすると報復対象としてロックオンされる可能性があるので気をつけたい。

【建前】 「外国人にしかモテないんだよね」
【本音】 個性的な美人です(71)

【解説】謙遜のふりをしたモテ自慢。決して自分の不遇を嘆いているわけではないので同情ではなく、うらやましがるのが正解。

【注意】うっかり「アジアン・ビューティだよね」と相づちを打つと気まずいことに。女同士では100人中57人がアジアン・ビューティを「ブスだよね」という意味で使っていると覚えておこう。

【参考】「私が男なら絶対、○○ちゃんと付き合うけどな」の本音は「なーんちゃってw」(建前指数88)。セルフプロデュースの建前に、あ・うんの呼吸で繰り出される心ないフォローを堪能できるようになったら、貴兄も建前上級者だ!

【建前】 「〇〇さんて自由でうらやましい」
【本音】 周囲が迷惑してんだよね(75)

【解説】フォローのフリをした痛烈なイヤミ。「仕事を放り出して有給休暇を取る女性上司や、気分屋で身勝手な年上の女友達に使う」(28歳・OA機器)。
自由すぎる相手だけにたいていイヤミは不発に終わるが、「“黙って耐えたわけではない”と思えるだけで気がラク」(30歳・旅行代理店)。

【建前】 「男前だよね~、男っぽいよね~」
【本音】 サバサバアピール乙!(60)

【解説】和やかに褒めているように見せかけつつ、小バカにする女の常套手段。

「やたらとサバサバしてることをアピールするコほど、じっとりキャラで面倒くさい」(28歳・飲食店)「さすがに芸風が古すぎるでしょ(笑)」(27歳・IT)

本来の人格とかけ離れたキャラ設定に苦言を呈す建前だ。

⇒まだまだある!【セルフプロデュース&心にもないフォロー】<後編>に続く
http://nikkan-spa.jp/174431

― 2012年オンナの[建前⇔本音]翻訳辞典【11】 ―




おすすめ記事