マネー

仮想通貨でプラス200万円利確した投資家、次に狙うは中華系コイン!?

いい意味でも悪い意味でも話題沸騰中の仮想通貨。果たして、少ない軍資金でも大勝ちするにはどうしたらいいのか。“持たざる者”こそ狙うべき、ハイリスクでありながらも、よりハイリターンをとれる投資法を、実際に「草コイナー」がどう売買しているのか聞いてみた!

TRIGで最高時30万円→400万円

●斎藤祐介さん(仮名)の場合:メジャーコインは押さえつつも利益の一部で草コイン購入という手堅さ。中華銘柄は他にも複数保持

斎藤祐介さん(仮名)

斎藤祐介さん(仮名)

 ビットコインを10万円台、リップルを10円台で摑めた斎藤さんは、メジャーコインの上昇益を草コインでさらに跳ね上げた。最も利幅が大きかったのは、バイナンスにも上場しているトリガー(TRIG)だ。

「90円で買ったのが最高時には1110円にまでなりました。ただ、その後にトリガーがビットレックス(アメリカの大手取引所)から急に上場廃止をくらって急落。なんとか700円台で利確してプラス200万円ほどです」

 そんな斎藤さんは、仮想通貨のイベント情報が載るサイトで情報をキャッチし、先回りしてコインを仕込むのを得意にしている。

「新規上場や大手企業との提携、あとはコインのアップデートといった情報を探ります。今は中華系のコインが熱いと思っています。代表格はネオ(NEO)ですが、もうメジャーコインになっているので、それよりも安いレッドパルス(RPX)とか、ガス(GAS)が面白そうだなと思っています」

《次の注目コイン》
●レッドパルス(RPX)
現在の価格は1RPX(3月19日現在)=8.4円。中国の金融市場をカバーするプラットフォーム。CEOは中国主要メディアに時代の寵児として登場。中国バブルが今後も続けば順当に上がるかも?

レッドパルス(RPX)

レッドパルス(RPX)

― 10万円から始める[仮想通貨]一発逆転シナリオ ―

トレードは週1回! 少額でも月30万円儲かるビットコイン革命

20以上の実例チャート付きで初心者にもわかりやすい「ビットコイン取引」の入門書





おすすめ記事