恋愛・結婚

彼女の部屋に入った瞬間ゾゾッ…ホラーな“初体験”物語

アレの最中に人形の頭部を破壊してしまい……!

 彼女が持つ異様なまでの人形愛に動揺しながらも、なんとか関係を育み続けて半年が経ったある日。とうとう安藤さんはユキさんと一線を越えることに成功。だが、その最中に、彼を天国から地獄に突き落とす事件が発生する。 「きっと興奮しすぎていて、まわりが見えなくなっていたんでしょうね。壁を支えにしようとして、勢いよく腕を伸ばしたんです。次の瞬間、手の感触で『あっ、ここは人形の館だった』と気づきましたが、ときすでに遅しで……」  勢いよく突き出した手は、ユキさんの人形に直撃。陶器でできた人形だったため、壁に押し付けられた頭部の一部が破損してしまったのだそう。 「ユキちゃんはものすごい形相でこっちを見ていました。無言で服を着たかと思えば、玄関を開けて『帰れ』のサイン。不思議と“申し訳ない”と思えなかったのも鮮明に覚えています」 ドア 後日、その体験をサークル仲間に話すと、なぜか「勇者」として崇められるようになったという安藤さん。この一件以来、何かをコレクションしている女性とは付き合っていないそうだ。<取材・文/増田理穂子(A4studio)> ― オレ史上最悪の恋愛体験 vol.10 ―
1
2





おすすめ記事