エンタメ

『おっさんずラブ』にハマる女子が急増!? 現実世界のおっさんたちはその裏で…

 いま大人気となっているこの春スタートしたテレビ朝日系ドラマ『おっさんずラブ』をご存知だろうか。主人公の春田創一(田中圭)は、どこにでもいる女性好きな33歳のおっさん。平凡な毎日を送っていた彼が、突然男性からの“モテ期”に遭遇。春田への思いを募らせるルームメイトの“イケメンでドSな後輩”牧凌太(林遣都)と、ピュアすぎる乙女心を隠し持つ“おっさん上司”黒澤武蔵(吉田鋼太郎)との奇妙な三角関係が、コメディタッチで描かれているのである。

 シャワー中の春田に牧が大胆にキスを迫ったり、片思いに悩む黒澤が「会いたくて会いたくて震えちゃった」といった中年らしからぬセリフを吐いたりと、ライトかつ“ピュア”に描かれた今作品。だが、そんな純粋なおっさん同士のラブストーリー『おっさんずラブ』にハマる女性が急増し、その余波に困惑する中年男性が少なくないという。

おっさんずラブ

前列3人の“おっさん”が主要キャラクターとして、三角関係を繰り広げる『おっさんずラブ』。左から牧凌太(林遣都)、春田創一(田中圭)、黒澤武蔵(吉田鋼太郎)。画像は公式サイトより

少しくらい夢を見させてよ!?『おっさんずラブ』にハマる女性の本音


 まず『おっさんずラブ』にハマる女性の意見を紹介しよう。

「どこにでもいるようなサラリーマンが、同性の同僚に恋をするストーリーにハマってしまいました。ふと自分の仕事環境を見ると、登場人物たちのような構図ってあるものなんですよね。“もしかすると、〇〇さんと〇〇って……”なんて思いながら仕事をしていたら、毎日が楽しくなっちゃいました(笑)。逆に言うと、そうまでしないとつまらなくてやっていけません」(30代女性・事務職)

「別にBLが好きなわけではないのですが、妙に親近感のある設定が“クる”んですよね。おっさん同士だから、女性特有の激しい感情の浮き沈みが描かれていなくて、ほっこりしながら観られるのかも」(20代女性・飲食店)

「部長(黒澤)が、キラキラと目を輝かせて『はーるたん♡』(春田)と呼ぶシーン。こっちまで胸が苦しくなっちゃいました。おじさんなのに、10代の女のコのように恋をする姿を見ていると、応援したくなるんですよ」(20代女性・アパレル)

「今までいろいろな形のラブストーリーがありましたけど、ここまで純粋で真っ直ぐな恋心を描いた作品はありませんでした。相手が男性であろうが、真面目に恋するおっさんの姿がたまらなく愛おしいです(笑)」(30代・看護師)

 “自分なりの楽しみ方を見い出せたドラマ”だと主張する女性たち。だが、現実社会でそんな彼女らのまわりにいる当のおっさんたちは、密かに動揺しているのだ。

次のページ 
“ドラマ脳”になった女子たちに困惑

1
2




おすすめ記事