恋愛・結婚

社内ですぐ一線を超えちゃう“流され女子”の特徴

 社内ワンナイト歴4人の佐藤友香さん(30歳)の第一印象は、「愛想がよく、丁寧な女性」。このような取材は断られることも多いのだが、彼女は笑顔で快諾してくれた。

「私って、職場でも頼まれた仕事を断れないんですよ。愛想がいいのも、実は自信がなくて、険悪な空気になるのが怖いから。本当は人見知りなのに、無理してテンション上げちゃうんです」

流され女子

佐藤友香さん(仮名・30歳)電機メーカーのアラサーOL。ワンナイトはすべて先輩・上司で、深い関係になる直前まで男性として意識したことはなかったという

 恋愛作家の片瀬萩乃氏は、“流され女子”の特徴をこう語る。

「流行に合わせて似合わないメイクやブランド品、キャラクターグッズを身に着けているコ。自分がないので、空気に流されやすく、特にお酒が入ると勢いに身を任せてしまいます」

 佐藤さんも無類の酒好き。職場で無理をしている分、お酒が入ったときに“安心感”のある先輩や上司につい心を開き、一夜を共にしてしまうのだという。そして、こうした“流され女子”と一線を越えられる男は、次のようなタイプだ。

「常に上機嫌で振る舞っている明るい男性です。男性が無表情でいると女性は緊張するので、自信のないコはなおさら明るく優しい男性に安心感を覚えます」(心理学者の内藤誼人氏)

 実際、佐藤さんの相手も優しいマイホームパパ的な男性が多かったという。もちろん独身者もいるが、その場合は「職場で我が道を行く人」に惹かれるとか。

「上司に媚びる、部下にきつく当たる、美人にだけ優しいなど裏表のある人間を、女性は敏感に察知して、警戒します。逆に、どこにも属さない独立したスタンスを貫いていると、水面下で彼女たちの信頼を得ることができるのです」(ナンパ師のPuANDA氏)

 その信頼を、職場の飲み仲間としてさらに確実なものとし、サシ飲みになったところで「もうちょっと飲もっか」と終電を逃させれば、女性は流れに抗えない。

次のページ 
遠回しに想像させ、好きだと錯覚させるテクニック

1
2





おすすめ記事