雑学

パリピのルーツは早稲田・慶應の学生!? 昭和・平成のパーティ文化を振り返る



パーティ文化の変遷


<’83~’91年>
・早稲田や慶應など遊び人大学生がディスコパーティを開始

東京のパーティ文化の始まり。リーグと呼ばれるイベント企画団体が誕生

・「マハラジャ」「エリア」など宮殿系ディスコが出現、全盛期へ
サラリーマン、OL、女子大生がバブルを謳歌。学生パーティは次第に営利化

・私立付属高生が学校単位でチームを組んでパーティブーム起こる
チーム名が入った揃いのスタジャンを着用。これがのちの渋カジ・チーマー文化に

<’91~’94年>
・バブル終焉、湾岸のメガパーティに熱い視線

芝浦に「ジュリアナ東京」がオープン。ボディコンが完全コスプレ化した

<’94~’99年>
・渋谷で”コギャル”カルチャー繚乱

女子高生が若者文化の主役に。独自のクチコミで放課後をパーティ化

<’99~’00年>
・渋谷がビットバレー化

ネット文化の発達により、IT起業家が台頭。ネット=オタクという印象が払拭され、ビジネスパーティに注目が集まるように

<’01~’04年>
・ベンチャー起業家のラグジュアリーパーティーがブーム

スイートルーム貸し切りパーティやプールサイドパーティなど豪華なパーティが行われる

<’05~’09年>
・オタク文化のポップ化と女子会多発

コミケやコスプレを楽しむ人が増加。「〇〇女子」「〇〇ガール」など女子文化が細分化。男性を排除した「女子会」が人気に

<’10~’18年>
・SNSが発達し、現在のパリピ文化が出現

インスタ映えなど「見せる」に特化したパーティが続出

【中野充浩】文筆家/編集者
’89年、学生時代より文筆家として活動。ウェブマガジン「TOKYOWISE」で東京カルチャーの歴史を追う「Tokyo Pop Culture Graffiti」を連載中

― パリピってなんだ? ―

1
2





おすすめ記事