恋愛・結婚

「婚活をやめるとなぜか結婚できる」の真実



 婚活も同じ。よくご相談に来る方にお話を聞くと「今まで付き合ってきた人はこんな感じのタイプなので、そういう人が合うと思うんです」、「こんな感じの人とはうまくいかないと思うんです」などと自分自身で視野を狭め、固定された考えのもと決めつけてしまう。

 嫌だった思い出はうまくいかなかった失敗例として、「こんな人は合わない、嫌だ」と決めつけてしまう。たった数人の経験をもとに間違った結論付けをし、視野を狭くさせたまま婚活をしている人は少なくありません。

 婚活をやめて、結婚できた人たちのほとんどは婚活中、とても強い固定観念を持ちながら活動していたのでしょう。婚活をやめたときに、その固定観念も手放すことができ、やっと視野が広がったはずです。

 そうです。ポイントは、婚活をやめることではなく、視野を広げること。結婚相手への条件を頑なに変えずに独りよがりな婚活はしていませんか?

 もし、今のあなたがたくさんの出会いがあるのに結婚という結果が出ていない状態だとしたら、あなたの視野が狭くなっているおそれがあります。

結婚

実際に「婚活をやめたのに結婚できた人」は一握り


 私の感覚値ですが、婚活を一度は始めた経験があり、婚活をやめた後、結婚できた人はせいぜい1割程度ではないかと感じています。

 ほとんどの人は退会したあと、しばらくしてから再入会されます。どんな出会い方も運命の出会いだと定義している私からしたら、結婚したいのであれば、結婚願望のあることがわかっている相手と出会うことが最善の婚活方法です。

 もし今、婚活疲れをしてやめようかなと悩んでいる人がいたら、婚活疲れからの逃げではなく、本気でひとりで生きていく覚悟をしてから、婚活をやめましょう。

 しかし、やめる前に一度視野を広げて、今まで合わないと思い込んでいた人たちとお会いしてみてください。もしかしたら、トイレで発見された携帯電話のように、「こんなところに運命の人が!」という感覚を味わうことができるかもしれませんよ。

 あなたの婚活を心から応援しております。

1985年、東京生まれ。アイドル、銀座のホステスなどを経て、現在は婚活をしている男女に対して、恋愛コンサルタントとして「好きな人から愛される方法」を伝授する。
1
2




おすすめ記事