恋愛・結婚

「恋愛経験ほぼゼロなアラサー男」のための婚活戦略

 こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。今回は、男性のコンサルをする際に、私がとても意識している「実年齢と恋愛経験値から考える戦略」についてです。

山本早織(ヘアメイク/kanagon 撮影/山川修一)

 そもそも私が1年間で800回の恋愛コンサルをするきっかけとなったのは、タイムシェアアプリ「タイムチケット」。起業してすぐの頃、この面白いアプリに興味を持ち、どんなことなら私の時間をチケットとしてシェアすることで買ってくれる人が喜んでくれるかな……と考えた結果、「美人と付き合いたい方☆その方法教えます」という、男性向けの少し面白い要素を含んだチケットを発行することに決めました。

 結果的にとてもたくさんの方にこのチケットのサービスをご利用いただき、私自身の大きな学びにもなっています。

 そんなタイムチケットをきっかけにお会いした島田ケンイチさん(29歳・仮名)は、恋愛経験のあまり多くない長身の男性でした。

自信のない立ち振る舞い……恋愛経験を聞いてみると?


 長身に加え、顔立ちは目が二重でぱっちりしていて悪くないのですが、少し猫背で自分への自信のなさが一目でわかるタイプ。私が抱いた第一印象は、「もったいないなぁ」というのが正直なところでした。

 自分への自信のなさは育った環境の中で、その大小にかかわらず、成功体験を積み重ねている実感がないか、積み重ねているのに周囲に認めてもらえない環境にあった人が多いです。

 ケンイチさんの場合、主に前者のようで、「高校合格」や「就職」など、それなりの成功体験はあるはずなのに、それを成功だと感じられていないことや、女性とのお付き合いの経験の少なさが原因なのか、とても自信がないようでした。

 お会いして、まず最初に「どんなことを特に知りたいか」と私が尋ねると、「長く、きちんと女性とお付き合いをしたいけど、できません。先日、ネット婚活でお会いした女性とも一度、お食事へ行ったあと、付き合う感じになったのですが、次のデートで振られました」とのこと。

 恋愛経験を聞いてみると、お付き合い経験は2名。ただし、詳しく聞いてみると、1人はネット婚活で知り合い、2か月程度で、1度きりのHで終わった、一般的には付き合ったとはとても言えない女性。もう一人もネット婚活でお会いした方で、こちらは4か月ほど続いたようで、告白をしてOKをもらい、デートは何度かしたものの、最後のデートの後に連絡が取れなくなり、なぜ振られたのかわからないまま自然消滅してしまった女性。

 現在の婚活状況を聞くと、ネット婚活のみ。パーティーや街コンも友達に連れられて1度は行ったことはあるものの、基本的にはネット婚活でお相手を探しているようでした。「早織さんにこのプロフィールの文章も見てほしいんです」と見せられたプロフィールは、同じ人とは思えないほどノリよく、笑いなども交えながら、書かれた文章。「趣味はドライブ。最近は一人でドライブすることばかりで助手席、空いてます(笑)」。お笑い芸人のオードリー春日さんの「春日のココ空いてますよ」ばりに書いていますが、実際のキャラはそんな感じはなく、いじりにくい雰囲気もある感じです。

「このギャップは、女性からすると悪い方向のギャップになっているのではないかな」とすぐに私は感じてしまいました。そして、ケンイチさんに必要なことはただ一つ。「今すぐたくさんの経験を積むこと」しかないと確信しました。

次のページ 
失敗こそが恋愛経験値を上げる

1
2




おすすめ記事