恋愛・結婚

浮気されやすい男の特徴。SNSで行動が筒抜けに…

 日記を書いたり、旅行の写真を載せたりとおじさん世代にも利用者が多いSNS。自己満足の世界ともいえるが、使い方を誤ると自分の行動が筒抜けになってしまうパターンもある。そして、「SNSで行動を逐一報告する男性は浮気をされやすい!」という証言が多く出てきた。世の女性たちが語る「浮気されやすい男性のSNSの特徴」をまとめてみた。

飲み会や出張の写真をアップ


 特に多かったのは飲み会や出張の写真を投稿するというもの。投稿時間や位置情報から帰宅時間を想定し、その間に自分も浮気をする……というものだ。

「飲み会の様子をすぐにSNSに投稿する夫。女の子と肩組んだ写真も、ガールズバーで撮ったストーリー(動画)も全部見ています。問い詰めたところで逆ギレされるのは目に見えているので、私も憂さ晴らしに遊ぶようにしています。罪悪感はまったくありませんね」(34歳・主婦)

「妻子持ちの愛人は急な出張が多いため、スケジュールはSNSでチェック。空港からの投稿を見るとしばらく帰ってこないんだなと、私も別の男性とデートします(笑)。ただし、出張から帰ってくると急に連絡が来たりするので、投稿が1日空いた時は移動中だと考えるようにしています」(23歳・キャバクラ嬢)

 また、パートナーのSNSを覗くためにこんな裏技を使う女性も……。

「夫のSNSは公開設定が友人までなので、裏アカを使ってチェックしています。プロフ画像は顔を隠して素人の女子大生モデル風にしたら、すぐに友達承認されましたね(笑)。夫が飲み会の日はすかさずチェックして、私もホストクラブに飲みに行っています(笑)」(31歳・主婦)

SNSを使いこなして監視・浮気防止対策!


 では、SNSでパートナーに監視・浮気されないようにするためにはどうすれば良いのだろうか? 投稿をしないに越したことはないが、どうしても投稿したい!という人のために対策をまとめてみた。

・リアルタイムで投稿しない

 飲んでいて気分が盛り上がり、つい動画を投稿したくなることもあるが、なるべく自分の行動をリアルタイムで発信しないほうが良いだろう。どうしてもリアルタイムで投稿したいという人は、位置情報やタグ付けをしないほうが賢明だ。だが、投稿した写真から位置情報を特定されてしまうこともあるので、事前にスマフォで設定しておくと良いだろう。写真の位置情報の設定方法はiPhoneの場合、ホーム画面から[設定]→[プライバシー]→[位置情報サービス]→[位置情報サービス]→カメラアプリから[許可しない]を選択。これで居場所が特定されずに済む。

・公開範囲を設定する

 公開する友人を事前に設定しておくと、不必要に広まることがないので安心して投稿ができる。また、投稿によって使うSNSを変えるのもオススメ。インスタは全体公開かフォロワー公開の2択しか選べないが、Facebookでは『一部の友達に公開しない』という制限機能があり、LINEのタイムラインには『友だちリスト』と公開する友達を選んでリストを作成することができる。一度作成したリストは保存することもできるので、事前に作っておくと良いだろう。

次のページ 
フェイント投稿をするのも手

1
2





おすすめ記事