恋愛・結婚

平日にラブホテルを30分だけ使う、即行カップルが急増したワケ

 リゾート感覚で長時間過ごせるラブホテルが増える一方、短時間で退出する客が増加中……。その謎に迫った!

ラブホテルの謎

8月の某水曜日。うだるような暑さのなか、ラブホ街で張り込み調査を実施。確かに早く出る客は多い

会社員カップルが平日の夕方に入店。即退出する理由とは


 近年、テレビや週刊誌でもたびたび取り上げられているラグジュアリーなラブホテル。シェフが作った高級グルメが味わえる、最新のジェットバスやスパを完備、アメニティはブランドもの……。なかにはラブホで延泊する客も現れているそうだが、そんな高級化とは真逆の謎の現象が起きていることをご存じだろうか?

「入室したと思ったら、30分もたたずに出ていくんです。なかには20分で帰るカップルもいます」

 そう証言するのは渋谷のラブホで清掃係をしている大野亮太氏(仮名・33歳)。リゾート気分でゆったりするどころか、立ち食い蕎麦並みの滞在時間だ。

「清掃のため部屋に入るとベッドはしわひとつなく、初めは『女性を呼んで“チェンジ”したのか?』と思ったんですよ。ところがゴミ箱を見るとコンドームやティッシュ、そしてシャンプーの袋が捨ててある。シャワーで汗を流すついでに行為をして、終わると同時に帰っているんです」

 ラブホのファストフード化とも言える現象。酷暑だった今夏、汗を流して涼むため、ラブホでひと休みというのはわかるが、なぜすぐに退出してしまうのか? 謎は深まるばかりである。

「特に多いのが、夕方の時間帯です。ベッドは手つかずだったり、せいぜい座った形跡がある程度。清掃は床や排水溝の髪の毛を拾うぐらいなので手間はそれほどかかりませんが、回転率が高すぎて休む暇がないんです」

風俗利用ではなく一般カップル


 ちなみに、この証言をベテラン風俗嬢のアヤカさん(仮名)に当ててみたところ、「風俗利用ではない」との返答が。

「早めにプレイが終わって帰されることもありますが、かなり稀。相手が急いでいる場合は別ですが、さっさと済ませようと手を抜いていたら、お客さんがつかなくなりますよ。パッとヤッて、サッと出たい人はラブホ代がもったいないから、レンタルルームを使いますね」

 となると、やはり“ファストフード化”は一般のカップルの間で進んでいるようだ。

次のページ 
早期退出客が多いのは水曜日

1
2
3





おすすめ記事