山本一郎氏が提言する『このままだと[クチコミサイト]は終焉を迎える』

IT識者が分析する[クチコミサイト]のここが落とし穴

ここまで、数多くの[クチコミサイト]における裏事情を紹介してきたが、では実際にどのように利用するのがいいのだろうか? そこでIT識者である3氏に登場してもらい、同サイトの落とし穴を検証してもらいつつ、理想的な利用方法を教えてもらった。[クチコミサイト]に不安を感じ始めたみなさんは、必読ですよ!

山本一郎氏が提言する
このままだと[クチコミサイト]は終焉を迎える!?

正直、経営的に次の一手がまったく見えていない状況なんですよ

「今のクチコミサイトの多くは、元は出会い系サイトなんですよ。人の集め方やシステムなどは一緒だから、当然、サクラやヤラセが入り込むし、それを見分けるのはまず不可能です」

 ネットビジネスに精通する山本一郎氏は、クチコミサイトの現状をこのように評した。だが、クレジットカードで本人認証する『Amazon』のようなサイトなら信用できそうだが、

「一定の信頼性はあるものの、『Amazon』は、実際に商品を購入しなくてもレビューが書けてしまう……。ダミーIDをいくつも持ち、レビューを書き込む業者は何社もあります」

 とはいえ、山本氏はクチコミの訴求力自体は認めているという。問題は、その効率にある。

「ネットから人気に火が点いたDSの恋愛シミュレーションゲーム『ラブプラス』は、『ドラクエIX』並みの盛り上がりを見せたが、それでもセールスは7万本超と、『ドラクエ』の400万本には遠く及ばない。でも、ネット上のクチコミの”熱量”だけは、『ドラクエ』並みでした。クチコミが隅々まで浸透しても、興味のないライトユーザーは結局購入しない。この辺がネット上のクチコミの限界なのは間違いない。人は集まるが、ビジネスでは過渡期です」

 山本氏推奨のiPhone用のアプリの品揃え日本一のクチコミサイト『AppBank』も、「サクラや業者などの書き込みといった”ノイズ”が排除されているいいサイトですが、これだと手がかかりすぎで、ここから先が大変です」と、先行きを不安視しているという。

 ビジネスモデルの閉塞は、企業の宣伝の手先となるカリスマレビュアーや有名ブロガーにも、当然、影を落としそうだ。

「それどころか、先月、アメリカでは、連邦取引委員会がクチコミ広告を完全に排除する、と警告を発しました。日本にも波及するだろうし、数年後には有名ブロガーやレビュアーの化けの皮が剥がれるでしょうね」

 近い将来、巨大クチコミサイトが閉鎖する日が来るかも!?

【山本一郎氏】
イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役社長。Web業界で起こる地殻変動を白日のもとに晒す好著『ネットビジネスの終わり』(PHP研究所)をこのほど上梓

― 人気の[クチコミサイト](裏)白書【7】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事