貿易赤字は原発停止のせい!?

◆マネーな人々 今週の銭格言
【選者】現役金融マン ぐっちーさん

’11年の貿易統計で日本が31年ぶりの貿易赤字を記録し、日本の輸出競争力を危惧する報道が目立った。しかし、震災直後にもかかわらず、日本の輸出額は65兆5547億円と、リーマンショック直後を遥かに上回っており……

←前編はこちら 「31年ぶりの貿易赤字」でオタオタする日経はヘンだ!

 確かに輸出は前年比では2.7%減です。でもいつも申し上げてますね。比率じゃなくて実数を見よ、と。では実際に輸出はいくらあったのか。あれだけの大震災があって、サプライチェーンがずたずたになって、後半は欧州金融危機に端を発する新興国経済の需要減少が起こり、その上で日本の輸出額は65兆5547億円です。輸出が80兆円超だったリーマンショック前の’07年に比べたら確かに少ない。しかし、日本の輸出はバブル最盛期でさえ40兆円。’87年の円高不況時はわずか33兆円に留まりました。もっというとリーマンショック直後の’09年、日本の輸出はいくらだったかご存じですか? 51兆円ですよ。それがあの未曽有の震災の最中、それを遥かに上回る65兆円もの輸出をしている日本経済のどこが輸出の急減なんじゃ!! どこが日本企業の輸出競争力が落ちとると言うんじゃい!!

 要するに、リーマンショック後の輸出金額を遥かに凌駕する65兆円もの輸出を達成しつつも、原発停止による化石燃料の大幅な輸入増加で貿易赤字になった、ということに尽きるのです。私が原発推進派だったらここぞとばかりに反撃に転ずる最高のデータでしょう。

「ほらみろ、きみたち、原発動かさないと大変なことになるぞ」と。それに、もしこれで1ドル120円だったらどうなったんでしょうか。先日円売り介入してた「○○大臣」がいましたが、皆で必死に燃料代を節約しているのに上から水かけてどうするんだよ、おい!!

【今週の数字】
’11年の日本の輸出額
65兆5547億円
震災によりサプライチェーンの崩壊、欧州金融危機に端を発する新興国経済の需要減少の影響を受けてなお、リーマンショック直後を遥かに上回る数字。「輸出競争力の低下」の報道には疑問を持たざるを得ない

日本の輸出額の推移

バブル全盛期の40兆円程度、リーマンショック直後の54兆円程度と比較すると、'11年の65兆5547億円は決して少なくないとわかる

図版/ミューズグラフィック

ぐっちーさん【選者】現役金融マン ぐっちーさん
ウォール街で20年生きてきたノウハウをブログに執筆し、いち早くサブプライムローン問題に警鐘を鳴らしていたアルファブロガー。金融と経済を中心としたオピニオンブログ「THE GUCCI POST」(http://guccipost.jp/)の主宰を務めている

ハッシュタグ




おすすめ記事