マネー

「31年ぶりの貿易赤字」でオタオタする日経はヘンだ!

◆マネーな人々 今週の銭格言
【選者】現役金融マン ぐっちーさん

’11年の貿易統計で日本が31年ぶりの貿易赤字を記録し、日本の輸出競争力を危惧する報道が目立った。しかし、震災直後にもかかわらず、日本の輸出額は65兆5547億円と、リーマンショック直後を遥かに上回っており……

◆「31年ぶりの貿易赤字=日本の輸出競争力低下」報道にダマされるな!

 先日発表された貿易統計は31年ぶりの貿易赤字(2兆4927億円)。それで、日本は貿易立国の地位を降りたとか、日本はもはや輸出大国ではなくなったとか、日本は輸出品の国際競争力で後れを取り、今後とも中国、韓国に抜かれ落ちぶれていくのみだとか散々報道されました。ワタクシ、あまりのバイアスのすごさに腰が抜けました。これ、誰かが裏で糸を引いているならまだマシで、もし本気でこんな記事を書いているとしたらむしろそれこそ問題です(笑)。SPA!では何度も書いてきましたが、バブル期の最盛期でさえ日本の貿易依存度は15%程度。過去に20%すら超えたことがない。G20でアメリカ、ブラジルに次いで貿易依存率が低い国のどこが貿易立国なんだと、何故誰も反論しようとしないのか。

 なかでも酷かったのは日経電子版で、「輸出立国成長モデルに転機」と見出しを打ち、「巨額の貿易黒字を積み上げてきた『輸出立国ニッポン』。その成長モデルが大きな転換点を迎えている」ときた。記事は、2兆円も赤字になって、もはや貿易黒字が出ない体質に……と続きます。でも、日本の産業が韓国や中国との競合に負け、競争力を失った日本の輸出が大幅に減り、輸入に負けて赤字になっていなければ「日本が輸出競争力を失った」とは言えませんよね。

※【後編】に続く⇒http://nikkan-spa.jp/151355
貿易赤字は原発停止のせい!?

ぐっちーさん【選者】現役金融マン ぐっちーさん
ウォール街で20年生きてきたノウハウをブログに執筆し、いち早くサブプライムローン問題に警鐘を鳴らしていたアルファブロガー。金融と経済を中心としたオピニオンブログ「THE GUCCI POST」(http://guccipost.jp/)の主宰を務めている

ハッシュタグ




おすすめ記事