エンタメ

親世代が娘に「見せたい/見せたくない」懐かしの恋愛ドラマランキング

 9月中旬から関東ローカルで14年ぶりに再放送された『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)。携帯電話のなかった時代の恋愛ドラマ。連絡が取れずにすれちがうシーンなどが「逆に新鮮!」なのかどうか定かではないが、放映当時は生まれてなかった女子高生たちにも人気だという。女子高生を娘に持つ親としては、自分が当時熱中したドラマを娘の世代が観ることに隔世の感があるはず。そこで日刊SPA!では、00年までに放映された恋愛ドラマを対象に、「娘に見せたい/見せたくないドラマ」と題したアンケートを敢行。まずは、「娘に見せたい恋愛ドラマTOP10」から。

Q 86年~00年までに放映された恋愛ドラマのうち娘、今の若い人に見てもらいたいドラマは? (カッコ内は放映された年と主演)

101回目のプロポーズ

『101回目のプロポーズ』

1位 101回目のプロポーズ(1991年 武田鉄矢・浅野温子) 28%
さえない中年男(武田鉄矢)が婚約者を亡くした女性(浅野温子)に再三アタックを繰り返す

2位 東京ラブストーリー(1991年 織田裕二・鈴木保奈美) 27%
奔放に生きる女性(鈴木保奈美)と、彼女に振り回される男(織田裕二)の社内恋愛

3位 男女7人夏物語(1986年 明石家さんま・大竹しのぶ) 19%
アラサーの男女が繰り広げる恋愛ストーリー。主題歌は石井明美の『CHA-CHA-CHA』

3位 ロングバケーション(1996年 木村拓哉・山口智子) 19%
自信のない音大生(木村拓哉)と売れないモデル(山口智子)が東京タワーの見える豪華な部屋で同棲を始める

5位 ビューティフルライフ(2000年 木村拓哉・常盤貴子) 15%
鼻っ柱の強かった美容師(木村拓哉)は難病におかされるも明るく生きる常盤貴子の生き方に影響され恋に落ちる

6位 高校教師(1993年 真田広之・桜井幸子) 14%
女子校に赴任した新米教師(真田広之)は、やけに親しげに接してくる生徒(桜井幸子)の複雑な家庭事情を知ってしまう

7位 愛という名のもとに(1992年 唐沢寿明・鈴木保奈美) 13%
卒業したばかりの体育会出身の男女が、社会の厳しさに脱落、揉まれながらも成長していくストーリー

8位 あすなろ白書(1993年 石田ひかり・筒井道隆) 12%
あすなろ会というインカレサークル(ドラマでは同じ大学)に集う男女の、恋愛村的人間関係

9位 愛していると言ってくれ(1995年 豊川悦司・常盤貴子) 11%
聴覚を失った画家(豊川悦司)と運命的な出会いをする劇団員(常盤貴子)の衝突し合う恋愛劇

10位 男女7人秋物語(1987年 明石家さんま・大竹しのぶ) 10%
人気を博した、アラサーの男女が繰り広げる恋愛ストーリーの続編

『東京ラブストーリー』をおさえて1位になったのは「僕は死にましぇん」でおなじみの『101回目のプロポーズ』。「人間は顔じゃないというところを見て感じて欲しい」(38歳・女性・アルバイト)、「顔やお金でなく、自分のことを本当に思ってくれる人と結婚してほしいから」(43歳・女性・専業主婦)など、現代ではストーカーともいえそうな、男の純愛ストーリーを評価する声が集まった。

次のページ 
見てもらいたくないドラマは…

1
2





おすすめ記事